鈴木進

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

鈴木 進(すずき すすむ、1911年8月14日 - 2008年7月16日)は、美術評論家。

静岡県生まれ。1936年東京帝国大学文学部美学美術史美術史専攻卒、同研究室助手、文部省嘱託、東京国立博物館文部技官、文化庁文化財調査官、美術評論家、1983年東京都庭園美術館館長、名誉館長。[1]

著書[編集]

  • 『東洋美術文庫 第14巻 応挙』アトリヱ社 1939
  • 『国宝ものがたり』毎日新聞社 毎日少年ライブラリー 1954

編著・監修[編集]

  • 『玉堂』編集並解説 講談社版アート・ブックス 1955
  • 浦上玉堂画集』編 日本経済新聞社 1956
  • 『日本画とともに 十大巨匠の人と作品』竹田道太郎共著 雪華社 1957
  • 池大雅画譜」第1-5輯 小杉放庵等編 鈴木進等解説 中央公論美術出版 1957-59
  • 芋銭』編 日本経済新聞社 1963
  • 竹田』編 佐々木剛三解説 日本経済新聞社 1963
  • 『江戸図屏風』著者代表 平凡社 1971
  • 『近世異端の芸術 若冲蕭白芦雪』編著 マリア書房 1973
  • 『日本の美術 46 蕪村と俳画」小学館ブック・オブ・ブックス 1976
  • 『H.S 千住博伊東順二構成 米倉守共監修 フジサンケイアドワーク 1997
  • 『「巨匠が描く」日本の名山 画集』全6巻 監修 足立朗ほか編 郷土出版社 1999
  • 増上寺天井絵展 四季の草花を描く日本画と徳川家菩提寺に伝わる寺宝』宇高良哲共監修 大本山増上寺,共同通信社編 共同通信社 c1999
  • 『日本の美 富士』監修 美術年鑑社 2000
  • 『日本の美 2さくら』監修 美術年鑑社 2001

[編集]

  1. ^ 『現代日本人名録』