鈴木進

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

鈴木 進(すずき すすむ、1911年8月14日 - 2008年7月16日)は、美術評論家。

静岡県生まれ。1936年東京帝国大学文学部美学美術史美術史専攻卒、同研究室助手、文部省嘱託、東京国立博物館文部技官、文化庁文化財調査官、美術評論家、1983年東京都庭園美術館館長、名誉館長。[1]

著書[編集]

  • 『東洋美術文庫 第14巻 応挙』アトリヱ社 1939
  • 『国宝ものがたり』毎日新聞社 毎日少年ライブラリー 1954

編著・監修[編集]

[編集]

  1. ^ 『現代日本人名録』