鈴木公雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

鈴木 公雄(すずき きみお、1938年4月28日 - 2004年10月22日)は、日本歴史学者考古学者慶應義塾大学名誉教授。専門は日本貨幣史

来歴[編集]

東京都出身。慶應義塾大学文学部史学科を卒業した後、1966年に慶應義塾大学大学院文学研究科博士課程修了。1971~72年、アメリカ合衆国イェール大学人類学部訪問研究員を経て慶應義塾大学文学部教授を務めた。また、1982年に済海寺越後長岡藩主家牧野家墓所の悠久山への改葬に伴う緊急遺骨調査が行われるが、鈴木は済海寺遺跡調査団団長となっている。2004年、前立腺癌のため66歳で死去。

『貨幣の地域史』は既に鈴木が死去している2007年11月に出版されたにも関わらず編者が鈴木になっているが、これは鈴木が日本銀行金融研究所において主催した研究会が母体となり、鈴木の生前に企画が始まった論集だからである。

著書[編集]

単著[編集]

  • 『考古学入門』 東京大学出版会1988年1月 ISBN 4-13-022051-9
  • 『貝塚の考古学』 東京大学出版会、1989年1月 ISBN 4-13-024105-2
  • 『考古学がわかる事典―読む・知る・愉しむ』 日本実業出版社1997年5月 ISBN 4-534-02618-8
  • 『出土銭貨の研究』 東京大学出版会、1999年3月 ISBN 4-13-026068-5
  • 『銭の考古学』 吉川弘文館2002年5月 ISBN 4-642-05540-1
  • 『考古学はどんな学問か』 東京大学出版会、2005年6月 ISBN 4-13-023052-2
    • 文庫版 『考古学はどんな学問か』筑摩書房〈ちくま学芸文庫〉、2021年2月。ISBN 978-4-480-51037-2

編集[編集]

翻訳[編集]

その他[編集]

  • 済海寺遺跡調査団(団長鈴木公雄)「港区三田済海寺 長岡藩主牧野家墓所発掘調査報告書」(1986年・東京都港区教育委員会)