鈴木優斗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
鈴木 優斗 Sumo pictogram.svg
基礎情報
四股名 鈴木 優斗
本名 鈴木 優斗
生年月日 (2000-07-26) 2000年7月26日(22歳)
出身 日本の旗 日本静岡県富士市
身長 182.0cm
体重 137.2kg
BMI 41.4
所属部屋 藤島部屋
得意技 突き押し
成績
現在の番付 西幕下15枚目
最高位 西幕下11枚目
生涯戦歴 81勝59敗(21場所)
データ
初土俵 2019年1月場所
備考
2022年7月22日現在

鈴木 優斗(すずき ゆうと 、2000年7月26日 - )は、静岡県富士市出身で、藤島部屋所属の現役大相撲力士。本名同じ。身長182.0cm、体重137.2kg、血液型はO型[1]。最高位は西幕下11枚目(2020年11月場所)。

来歴[編集]

富士市立丘小学校4年次から地元の富士わんぱく相撲クラブで相撲を始めて、わんぱく相撲全国大会に3年連続で出場、6年次にはベスト8まで進出している[1]富士市立岳陽中学校では柔道部に所属していたが[1]、引き続き相撲道場にも通っており、2年次に大相撲の藤島部屋で稽古をする機会があったことで、「大相撲に入るなら藤島部屋」と決意した[2]飛龍高校では1年次から団体戦に出場し、2年次に全国高校相撲選抜大会で団体優勝・個人準優勝、3年次に高校総体で団体3位・個人3位入賞の実績を残した[1]東洋大学などから勧誘もあったが[1]、「大相撲でやりたいのであれば、少しでも早いほうがいい」という18代藤島(元大関・武双山)の考えもあり[2]、高校卒業を待たずに2019年1月場所で初土俵を踏んだ[1]

初めて序ノ口に番付の載った2019年3月場所を4勝3敗で勝ち越して以降、負け越し知らずで番付を上げたが、西幕下11枚目まで番付を上げた2020年11月場所で入門以来初めての負け越しとなった。

主な成績[編集]

2022年7月場所終了現在

  • 通算成績:81勝59敗(21場所)

場所別成績[編集]

鈴木 優斗
一月場所
初場所(東京
三月場所
春場所(大阪
五月場所
夏場所(東京)
七月場所
名古屋場所(愛知
九月場所
秋場所(東京)
十一月場所
九州場所(福岡
2019年
(平成31年
/令和元年)
(前相撲) 西序ノ口20枚目
4–3 
西序二段85枚目
5–2 
東序二段40枚目
6–1 
西三段目75枚目
6–1 
西三段目18枚目
4–3 
2020年
(令和2年)
西三段目10枚目
4–3 
西幕下59枚目
4–3 
感染症拡大
により中止
東幕下49枚目
6–1 
東幕下21枚目
5–2 
西幕下11枚目
2–5 
2021年
(令和3年)
西幕下22枚目
1–6 
東幕下47枚目
4–3 
東幕下38枚目
2–5 
東三段目筆頭
2–5 
西三段目20枚目
4–3 
東三段目8枚目
5–2 
2022年
(令和4年)
東幕下47枚目
5–2 
東幕下27枚目
4–3 
西幕下19枚目
4–3 
西幕下15枚目
4–3 
x x
各欄の数字は、「勝ち-負け-休場」を示す。    優勝 引退 休場 十両 幕下
三賞=敢闘賞、=殊勲賞、=技能賞     その他:=金星
番付階級幕内 - 十両 - 幕下 - 三段目 - 序二段 - 序ノ口
幕内序列横綱 - 大関 - 関脇 - 小結 - 前頭(「#数字」は各位内の序列)

改名歴[編集]

  • 鈴木 優斗(すずき ゆうと)2019年1月場所 -

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e f 「初場所全新弟子名鑑」『相撲』2019年2月号、ベースボール・マガジン社、 108頁。
  2. ^ a b 鈴木優斗、藤島部屋入門「4年で幕内」得意は突き押し 全国選抜準V飛龍高」『スポーツ報知』、2018年12月13日。2021年5月7日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]