鈴木健次

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

鈴木 健次(すずき けんじ、1934年9月5日[1] - )は、日本ジャーナリストアメリカ学者。大正大学名誉教授。

東京生まれ。東京大学教養学部卒。日本放送協会入局、教養番組部副部長、NHKスペシャル番組部主管、家庭番組部担当部長。1990年依願退職、大正大学文学部教授[2]。2005年退任、名誉教授。

著書[編集]

  • 『アメリカを読む 鈴木健次対談集』河合出版 1989
  • 『作家の透視図 鈴木健次インタビュー集』メディアパル 1991

共編著・監修[編集]

  • 『自伝でたどるアメリカン・ドリーム』亀井俊介共編著 河合出版 1992
  • 『比較文化の新領域 増補改訂版』編 大正大学出版部 1997
  • 亀井俊介共監修『史料で読むアメリカ文化史』全5巻 東京大学出版会、2005-06年

翻訳[編集]

  • アリステア・クック『アメリカ この巨大さの物語』桜井元雄共訳 日本放送出版協会 1978
    • 『アリステア・クックのアメリカ史』桜井元雄共訳 NHKブックス 1994
  • デスモンド・ウイルコックス編『アメリカ人』桜井元雄共訳 日本放送出版協会 1980
  • アルビン・トフラー『第三の波』桜井元雄共訳 日本放送出版協会 1980
  • バートラム・グロス『笑顔のファシズム 権力の新しい顔』吉野壮児共訳 日本放送出版協会 1984
  • シーラ・ジョンソン『アメリカ人の日本観 ゆれ動く大衆感情』サイマル出版会 1986
  • ジョン・ストロマイヤー『鉄鋼産業の崩壊 ベスレヘム・スチールの教訓』サイマル出版会 1988
  • バズ・オルドリン,マルカム・マコネル『地球から来た男』古賀林幸共訳 角川選書 1992
  • エドウィン M.ラインゴールド『菊と棘 Time特派員がみた日本』伊藤淑子,長田晃共訳 スリーエーネットワーク 1995

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『著作権台帳』
  2. ^ 『作家の透視図』著者紹介