金目川

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
金目川
金目川 2009年12月27日撮影
冬の金目川(平塚市土屋)
水系 二級水系 金目川
種別 二級河川
延長 21 km
平均の流量 -- m³/s
流域面積 184.17 km²
水源 大山
水源の標高 -- m
河口・合流先 相模湾
流域 神奈川県
テンプレートを表示

金目川(かなめがわ)は、神奈川県西部を流れ相模湾に注ぐ二級河川。金目川水系の本流である。平塚市上平塚の渋田川との合流点より下流は花水川と呼ばれる。

地理[編集]

神奈川県秦野市の大山南西斜面に源を発し、秦野盆地を南東方向に流れる。平塚市内では北西から中央部を流れ、平塚市唐ヶ原(とうがはら)(新編相模國風土記には「もろこしがはら」とある)で相模湾に注ぐ。

名称の由来[編集]

中流部に位置する旧金目村(現、平塚市金目地区)に由来する。上流部では、源流のある春岳山から春岳川(はるたけがわ)とも称した。花水川の名は、岸辺にが多いことによる。

流域の自治体[編集]

神奈川県
秦野市平塚市中郡大磯町

支流[編集]

橋梁[編集]

欠ノ上人道橋からの夕日。右手は神奈川県道62号平塚秦野線、奥には富士山も見える
左奥のアーチ状のものが水道橋

秦野市

平塚市

東海道新幹線の車窓から見た金目川(4秒目)。遠くに大山を望む

平塚大橋より下流は花水川

  • 平塚大橋
  • 高麗大橋

大磯町

平塚市