金己男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

金 己男(キム・ギナム、1929年8月28日 - )は、朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)の政治家朝鮮労働党中央委員会顧問。朝鮮労働党中央委員会政治局員、党中央委員会書記局書記、党中央委員会副委員長、党宣伝扇動部長、朝鮮民主主義人民共和国国務委員会委員を歴任。金基南と表記されることもある[1]2016年5月の朝鮮労働党第7次大会終了時点での党内序列は6位[2]

最高人民会議常任委員会委員長であった金永南の弟。

経歴[編集]

咸鏡南道永興郡に生まれる。万景台革命学院および金日成総合大学を卒業。ソ連のモスクワ国際大学へ留学。

朝鮮労働党に入党後、1976年4月に労働新聞社の責任主筆となる。1977年11月より最高人民会議代議員を務める。1980年10月の第6回党大会で中央委員に選出。1985年10月に党宣伝扇動部長に任命される。1992年12月、党書記に任命されて宣伝を担当。2001年9月には思想教育担当書記となる。

2009年8月18日大韓民国大統領金大中が死去すると、北朝鮮は弔問団を韓国に派遣。金己男はその一員として8月21日から8月23日にかけて訪韓した。

2010年9月28日、第3回党代表者会議および中央委員会総会において党中央委員会政治局員・党中央委員会書記局書記に選出された。2011年12月に金正日の国家葬儀委員会のメンバーに選出されたときには党宣伝扇動部長を務めていたことが確認されている。金己男は、金正日の国葬時に霊柩車を囲んで歩いた8名の権力中枢人物のうちの一人だった[3]

2015年4月9日に開催された最高人民会議第13期第3回会議の際には、主席壇ではなく一般席に着座していたため、大幅な降格が疑われたが[4]、その後復帰が確認され、同年12月30日に発表された金養建の葬儀委員名簿では、金正恩、金永南、黄炳瑞朴奉珠に続く序列5位で記載された[5]

2016年5月に開催された朝鮮労働党第7次大会で党中央委員会書記に代わって新設された党中央委員会副委員長に就任し[6]、これに続いて同年6月29日に開催された第13期最高人民会議第4回会議では、国防委員会に代わって新設された国務委員会の委員に選出された[7]

2017年、新たに金日成金正日基金が設置され、基金理事会の理事長となる[8]

2018年4月12日の朝鮮中央通信の報道により、前日に開かれた最高人民会議第13期第6回会議で、金正恩の提議により金が国務委員から解任されたことが判明した[9]

2019年3月9日の朝鮮中央通信の報道により、党中央委員会顧問に就任していることが判明した[10]

出典[編集]