野長瀬正夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

野長瀬 正夫(のながせ まさお、1906年2月8日 - 1984年4月22日)は、日本詩人児童文学作家

来歴・人物[編集]

奈良県十津川村生まれ。十津川中学文武館(現・奈良県立十津川高等学校)卒業。在学中より詩作を開始。小学校教員、金の星社の編集者などをしながら、昭和初年、プロレタリア文学運動に関わって詩や少年小説を書き、戦後一時期少女小説を書く。1971年『あの日の空は青かった』でサンケイ児童出版文化賞受賞。1976年、詩集『小さなぼくの家』で野間児童文芸賞赤い鳥文学賞を受賞。1979年、詩集『小さな愛のうた』で第4回日本児童文芸家協会賞を受賞。金の星社顧問も務めた[1]

著書[編集]

  • 『刑務所の広場にも花が咲いた 詩集』わが人生社 1928
  • 『悲しきパン 第二詩集』民謡月刊社(プロレタリヤ抒情詩集) 1929
  • 『若き女教師たち 短篇集』文化書房, 1931
  • 『学芸会実演児童劇集』岡本てうわ共著 文化書房, 1932
  • 『殉情詩集』少女画報新泉社, 1940
  • 『女学生たち』富士書店, 1941
  • 『故園の詩』洛陽書院, 1941
  • 『青春詩集』淡海堂, 1942
  • 『熊野浜歌 詩集』みたみ出版, 1944
  • 『青空の歌』臼井書房(女学生文庫)1948
  • 『湖畔物語』臼井書房(女学生叢書)1948
  • 『乙女の灯』梧桐書院, 1948
  • 『あこがれ 少女詩集』永隆, 1949
  • 『幻の馬』きんらん社(名作少年少女絵物語)1955
  • 『山のよびごえ』金の星社(児童小説シリーズ)1958
  • 『叙情詩集』金の星社, 1959
  • 『朝子の坂道』東都書房, 1960
  • 『銃をすてろ』金の星社(西部小説選集)1962
  • 『そらのはくちょう』金の星社(ひらかな童話集)1965
  • 『日本叙情』南北社 1965
  • 『あの日の空は青かった 少年少女詩集』金の星社, 1970 のちフォア文庫
  • 『アラモに死す 平原児デイビー・クロケットー』金の星社 (ウエスタン・ノベルズ)1972
  • 『小さなぼくの家』講談社 1976 のち文庫、青い鳥文庫
  • 『あのひと ロマン詩集』金の星社, 1976
  • 『少年は川をわたった』PHP研究所, 1977
  • 『母と子の世界の伝記 45 ゴッホ集英社 1978
  • 『小さな愛のうた 詩集』金の星社, 1979
  • 『ゆうちゃんとこびと』フレーベル館 1979
  • 『夕日の老人ブルース 詩集』かど創房, 1981
  • 『ぼくは歩いていく』講談社 1982
  • 『野長瀬正夫詩集』踏青社, 1989

翻訳[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『日本児童文学大事典』大日本図書