野原広子 (フリーライター)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
のはら ひろこ
野原 広子
生誕 1957年????
茨城県
国籍 日本の旗 日本
職業 フリーライター
著名な実績 女性セブンアラ還オバ記者

野原 広子(のはら ひろこ、1957年[1] - )は日本のフリーライターである[1][2]

茨城県出身[1][2]。地元の高校を卒業後に上京し靴店の住み込み店員となる[1][3]。のちに喫茶店ウエイトレスに転職[1]。ライターを目指して日本ジャーナリスト専門学校に入学。卒業後は雑誌編集者を経てフリーライターに転身した[4]

若い独身女性の性意識を調査し、2年間にわたりのべ116人にもおよぶインタビューを敢行した結果をまとめあげた「マジメなはなし」を1983年に上梓した[4]

1998年に相原実貴の人気コミックであるSO BAD!ノベライズした「SO BAD!」全2巻で作家デビューする[2]

婦人公論ルポルタージュを連載し[5]、2017年現在は女性セブンアラ還オバ記者としてエッセイを連載し、人気を博すと週刊ポストに評される[1]

著書[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f 「週刊ポスト」2016年5月20日号 20ページ
  2. ^ a b c 「SO BAD!」第1巻 裏カバー
  3. ^ 「女性セブン」2017年7月13日号
  4. ^ a b 「マジメなはなし」奥付
  5. ^ 「婦人公論」2009年4月22日号 32-35ページ、2010年4月7日号 26-39ページ、2015年5月26日号 36-39ページ