都築泰壽

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

都築 泰壽(つづき やすひさ、1936年3月11日 - 2015年4月27日)は日本学校法人経営者都築学園グループ総長

人物[編集]

1936年、創設者夫妻(都築賴助貞枝夫妻)の次男として生まれた。福岡学芸大学卒、早稲田大学大学院修了、ブリガムヤング大学大学院中退。当時の都築学園グループの理事長であり、第一薬科大学、第一経済大学(現:福岡経済大学→日本経済大学)、第一工業大学、第一福祉大学(現:福岡医療福祉大学)、および第一幼児教育短期大学学長も務めていた。1999年にオックスフォード大学より「ジョンソン・オーナラリイフェローシップ」を、ケンブリッジ大学より「ペイトロン賞」を妻である仁子とともに受賞、毎年福岡経済大学の入学式には両大学の学長が挨拶に来た。

自衛隊OBを多数採用し上意下達が徹底された組織体制を作っていた[1]

また、キャラバンと呼ばれる都築学園系列の大学や専門学校の広報行脚を、毎年五月~六月にかけて実施。これは、泰壽自身が「総指揮官」として陣営を指揮するもので、都築学園グループの教職員の研修も兼ねていた。この行事には系列大学の教授らも参加し、名物となっていた。

締めくくりには、「凱旋式」と銘打ち、都築系列の大学など広大な敷地を用いて、軍歌パレードやくす玉割り、職員による、軍歌の「艦隊勤務」を元にした「第一軍団勤務」と言う、総長である泰壽を賛美する内容の替え歌の披露などを行っていた。

替え歌の内容は以下の通りである。

第一軍団勤務
  • 一 歴史豊かな軍団を、守る職員一同は、土曜日曜の分かちなく、勇み励みて勉むべし
  • 二 熱鉄身を焼く夏の日も、風刀身を切る冬の夜も、広報募集の二文字を、肝に銘じて勉むべし
  • 三 個性を伸ばす軍団の、高き理念を誇りつつ、勤めは種々に分かれども、尽くす誠はただ一つ
  • 四 私学の命運担いつつ、関東攻略軍団は、総軍指揮する総長の、行く手さえぎる敵もなし
  • 五 精強無比たる軍団を、創設賜り栄えあれと、祖霊の教え戴いて、誓いも新たに勉むべし

ちなみにこの「第一軍団勤務」は、のちに関東地方にある系列校の朝礼などの際に歌うことが慣習となった。

2015年4月27日、敗血症のため死去。享年79歳。[2]

強制わいせつ容疑で逮捕[編集]

2007年11月14日、福岡経済大学(現 日本経済大学)キャンパス内での女性職員に対する強制わいせつ容疑で、福岡県警逮捕された[3]。また、2008年1月9日には第一福祉大学の説明会での女性職員に対する強制わいせつ容疑で再逮捕された[4]。女性職員へのセクハラは、総長と言う立場ゆえ系列校において黙認され続けていた。

逮捕後、総長職を解任され、妻の仁子を新総長とした。

2008年5月7日、福岡地方裁判所の保釈認定により、保釈保証金7000万円の即日納付により保釈。起訴された3件の強制わいせつ罪の初公判は5月22日に行われた。6月3日、判決公判が福岡地方裁判所(林秀文裁判長)で行われ、「犯行は非常に執拗(しつよう)かつ卑劣で悪質」として、懲役3年、執行猶予5年(求刑懲役4年)の判決を言い渡した。執行猶予の理由は都築被告が(1)被害者に対して示談金を支払っている(2)総長を辞任するなど一定の社会的制裁を受けている(3)高齢である事などとされている。

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]