遠藤源六

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
遠藤源六

遠藤 源六(えんどう げんろく、1872年9月17日(明治5年8月15日[1])- 1971年昭和46年)5月13日[1])は、日本の海軍文官法制官僚法学者行政裁判所長官、枢密顧問官明治大学教授法学博士。号・虚舟[2]

経歴[編集]

宮城県栗原郡、後の白幡村[3](現栗原市)で、遠藤佐源治の三男として生まれる[1]第一高等学校を経て、1900年7月、東京帝国大学法科大学法律学科(仏法)を卒業し同大学院に進む[1][2][3]

1900年8月、海軍省に入省し主理試補・東京軍法会議附に就任[1][2][3]。同年11月、文官高等試験に合格[1][3]。以後、海軍省参事官、兼同司法局、兼海軍大学校教官、大本営附、佐世保捕獲審検所評定官、兼海軍経理学校教官などを歴任。この間、明治大学講師を務め、1908年1月15日に法学博士号を取得した[3][4]

1913年6月、行政裁判所評定官に就任[1][2][3]。以後、嘱託海軍大学校教授(国際法)、嘱託陸軍大学校教授(国際公法学)、兼法制局参事官、臨時法制審議会幹事、行政裁判所部長などを務め、1942年9月、行政裁判所長官に就任した[1][2][3]

その後、議定官を務め[3]1946年3月19日に枢密顧問官となり1947年5月2日の枢密院廃止まで在任した[1][2][3]

1948年5月から1959年3月まで明治大学教授を務め定年となり、同大名誉教授となった[1][2]

著作[編集]

  • 『国際法要論』清水書店、1908年。
  • 『刑法施行法評釈』明治大学出版部、1908年。
  • 『日露戦役国際法論』明治大学出版部、1908年。
  • 『戦時禁制品論』清水書店、1910年。
  • 『戦争と国際法 : 軍国講話』読書会、1914年。
  • 『国際法関係法規』清水書店、1922年。
  • 『日本国憲法要論』明治大学出版部、1951年。
  • 『国際法講義要綱』第1・第2、明治大学出版部、1955年。

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j 『日本近現代人物履歴事典』92頁。
  2. ^ a b c d e f g 『20世紀日本人名事典 あ-せ』441頁。
  3. ^ a b c d e f g h i 『国立公文書館所蔵 枢密院高等官履歴 第8巻』133-142頁。
  4. ^ 『官報』第7364号、明治41年1月16日。

参考資料[編集]

  • 『国立公文書館所蔵 枢密院高等官履歴 第8巻』東京大学出版会、1997年。
  • 秦郁彦編『日本近現代人物履歴事典』東京大学出版会、2002年。
  • 『20世紀日本人名事典 あ-せ』日外アソシエーツ、2004年。