速水史朗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

速水 史郎(はやみ しろう、1927年10月27日[1] - )は日本の彫刻家

香川県仲多度郡多度津町生まれ。徳島工業専門学校機械科(現・徳島大学工学部機械工学科)卒業。和瓦の技法を用いた黒陶と石彫の作家である。特に石彫は、モニュメンタルな作品やパブリックアートが多く、東京都庁国立科学博物館などをはじめ全国100ヶ所を超えるパブリックスペース等に作品が設置されている。

また1996年に紫綬褒章、2005年度秋の叙勲において旭日小綬章を受章している。

脚注[編集]

  1. ^ 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.488