辞海

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
1937年版の『辞海』縮印本

辞海(じかい)とは、中国の大型総合辞書。中華書局1915年から作成を始め、1936年に完成した。

1957年から中国共産党の命令で改訂が始まり、1979年上海辞書出版社から第一次修正版が出版、以後10年毎に改訂版が発行されている。

『大辞海』は『辞海』を基にした大型総合辞典であり、2002年から刊行が始まっている。

内容体例[編集]

辞海に収録されている語彙の分野は、哲学歴史医学法学化学宗教数学など広範囲にわたり、百科事典的な総合辞典である。

辞海は文字を使って語を説明しているので、字典としても辞書としても使える。

作成の歴史[編集]

『辞海』は中華書局のオーナー陸費逵1915年から編纂を開始した。期間も投資額も莫大であったため数回中断されたが、陸費逵はあきらめることなく、1928年舒新城を編集主任に任命し、1936年ついに出版にこぎつけ、全国で発売された。

1957年9月、毛沢東は上海に赴き、『辞海』の改訂を命じた。1958年、中華書局に辞海編輯所が設立され、専門家5000人を集めての改訂が始まった。1961年から1962年ごろに試行本が完成した。1965年、「未定稿本」が完成する。文化大革命の時期に作業が中止させられたが、文革終了後に上海辞書出版社で事業が再開された。1979年、第一次修正版が完成した。

それ以後、10年ごとに大改訂がなされてきた。最新版は2009年に完成している。

版本[編集]

辞海[編集]

  • 1936年版:上下2冊に分かれる。主編は舒新城
  • 1961年版:『辞海』試行本、1961年から1962年に初出版。分野ごとに分けられた16冊からなる。
  • 1965年版:『辞海』“未定稿本”、一般公開はされていない。上下2冊に分かれる。
  • 1979年版:上海辞書出版社出版、本編は3巻、分冊は専門毎に分かれた26巻からなる。1980年に縮印本(縮小版)が出版された。1983年に語彙を追加して重版された。主編は舒新城陳望道夏征農。(ただし舒新城は1960年、陳望道は1977年に死去している。)収録単字14872、詞目91706条、挿入図3000余り。単語は部首別画数順に並んでいる。
  • 1989年版:主な内容は1979年版と同じであるが、詞目分類索引一冊が追加された。収録単字16534、語と百科事典の説明10万3千余、合計1600万余字。さらに中華人民共和国行政区画早見、四角号碼索引、詞目外国語索引を追加。百科詞語の追加に重点を置いている。
開かれた『辞海』1999年版の縮印本
  • 1999年版:夏征農主編。カラー図増加本、音序本(発音順掲載本)もできた。2003年には愛蔵版も出た。両者の文字内容は同じだが、図の並びなどに差がある。カラー図増加本の絵はカラー、その他の本は白黒線画である。『音序本』はピンイン順に掲載されている。収録単字19485(繁体字異体字を含む)、そのうちの17674個が頭文字(字頭)になっている。頭文字及び独立詞目12万2835条、1983万字。
  • 普及本:3巻
  • 縮印本:1巻
  • カラー本:5巻(付録の索引巻を含む)
  • カラー本愛蔵版(発音順):9巻。3つの箱に分けて収められている。オールカラー。責任編集者夏征農のサイン入り金箔カード付き。
  • カラー縮印本(発音順):5巻
  • 普及本(発音順):4巻
  • 縮印本(発音順):1巻、2002年出版。収録単字17523、繁体字と異体字6129、頭文字及び独立詞目10万5400条、1882万字。
  • 縮印本愛蔵版(発音順):4巻。2003年出版、1708万字、白黒線図3600余。
  • 2009年版:2009年9月21日出版。夏征農(2008年に104歳で没した)、陳至立主編。

台湾中華書局版[編集]

中華民国政府と共に台湾に移った中華書局(台湾中華書局)も1956年に『辞海』上下2冊を発行しており、1996年には『辞海 最新増訂本』(8版)が台湾中華書局辞海編集委員会編で出版されている。

大辞海[編集]

『大辞海』のページ数は『辞海』の2.5倍で、5000万字、38巻である。2003年に哲学と医薬科学の2巻を発行したのを皮ぎりに[1]順次発行されている。当初は2010年に完成する計画であったが[1]、予定は大幅に遅れ、2012年に21巻(22冊)まで出版された。この時点で「2015年に完成予定」と報じられたが[2]、その後の進展は見られない。

発行部数[編集]

不完全な統計ではあるが、1999年9月時点で『辞海』79版~89版の3巻本、縮印本の累計発行部数は530万部、分冊は1123万7千部に達している。

脚注[編集]

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]