五音集韻

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

五音集韻(ごおんしゅういん)とは、韓道昭によって編纂された韻書。韓道昭の序によれば先行する荊璞の『五音集韻』(現存せず)を改編したものであり、正式名は改併五音集韻(かいへいごおんしゅういん)である。成書年は泰和8年(1208年)説と崇慶元年(1212年)説とがある。

韻目は『広韻』の順序に従っているが、206韻が160韻が統合されている。その内訳は平声44韻・上声43韻・去声47韻,入声26韻である。また小韻の配列に書名の「五音」が示すように韻図三十六字母を用いており、すなわち声母子音)の順に並べられていることを大きな特徴とする。その順序は牙音見母から始まり来母・日母で終わっている。

  • 牙音 - 見渓群疑
  • 舌音 - 端透定泥・知徹澄娘
  • 唇音 - 幫滂並明・非敷奉微
  • 歯音 - 精清従心邪・照穿床審禅
  • 喉音 - 曉匣影喩
  • 半舌音 - 来
  • 半歯音 - 日