蒙古字韻

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
上部にパスパ文字の単語が書かれ、その下に漢字で発音についての解説が書かれている。

蒙古字韻』(もうこじいん)は、元朝が使用したパスパ文字音韻漢字で解説した書籍。1269年から1292年頃に成立したと推定されるが、編者は不明。元刻本は清代道光年間までは存在が確認されるが、その後亡失している。現在は写本が伝わり、1308年至大元年)に朱宗文による校正本がイギリス大英博物館に収蔵されている。