赤瀬駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
赤瀬駅
ホーム(2012年4月)
ホーム(2012年4月)
あかせ
Akase
網田 (3.9km)
(1.2km) 石打ダム
所在地 熊本県宇土市赤瀬町[1]
所属事業者 九州旅客鉄道(JR九州)
所属路線 三角線
キロ程 18.4km(宇土起点)
電報略号 アセ
駅構造 地上駅
ホーム 1面1線[1]
開業年月日 1907年明治40年)8月5日[1]
備考 無人駅[1]
テンプレートを表示
駅入口(2006年8月)
秘境駅として知られている

赤瀬駅(あかせえき)は、熊本県宇土市赤瀬町にある、九州旅客鉄道(JR九州)三角線である[1]

海際の山中に存在し、かつて近隣の赤瀬海水浴場が賑わっていた頃は、夏季の乗降客は多かったが、現在は年間を通して利用者は少ない。

歴史[編集]

駅構造[編集]

単式ホーム1面1線を持つ地上駅[1]2012年4月現在、ホームが一部嵩上げされており、バリアフリー化されている箇所がある。駅舎はすでに撤去されておりホームと待合所のみがある[1]。待合所は荒れていた時期もあったが、屋根や壁面は修繕され利用できるようになっている。

無人駅であり駅員はいないが名誉駅長指定駅となっている(名誉駅長を紹介するプレートは設置されていない)。

駅周辺[編集]

このあたりは海ぎりぎりまで山が迫っている。当駅もそのような山中にあるため、海沿いの国道57号から急な坂道を登らねばならない。かつて石打ダム駅がなかった頃は、同駅周辺の住民が線路を歩いて当駅まで来ていたという。なお、駅から集落内の道を200mほど下ると国道57号に出る。右方向に100mほどの距離に産交バス赤瀬バス停があり三角駅方面と宇土駅方面を結ぶ路線を利用できる(快速あまくさ号は通過する。また、産交バス1日フリー乗車券は当停留所以西では利用できない)。

その他[編集]

隣の駅[編集]

九州旅客鉄道
三角線
観光特急「A列車で行こう」(不定期運行)
通過
普通
網田駅 - 赤瀬駅 - 石打ダム駅

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j k 『週刊 JR全駅・全車両基地』33号 熊本駅・嘉例川駅・大畑駅ほか、朝日新聞出版〈週刊朝日百科〉、2013年3月31日、25頁。
  2. ^ 込山富秀 『「青春18きっぷ」ポスター紀行』 講談社、2015年5月26日、52-53頁。ISBN 978-4-06-219279-8

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

  • 赤瀬駅(駅情報) - 九州旅客鉄道