豊田正義

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

豊田 正義(とよだ まさよし、1966年6月30日 - )は、日本ノンフィクション作家ジャーナリスト、活動家。代表作に『消された一家  北九州・連続監禁殺人事件』、『妻と飛んだ特攻兵 8・19 満州、最後の特攻』、『ガマ 遺品たちが物語る沖縄戦』がある。『ガマ』は厚労省認定の「児童福祉文化財」作品。

経歴[編集]

ノンフィクション作家になるまで[編集]

東京都生まれ[1]早稲田大学第一文学部卒業後に渡米し、ニューヨークの日系紙の記者になった[1]

ニューヨーク滞在中の1992年、ノンフィクション作家の家田荘子が著書『イエローキャブ』[2]で「日本女性はニューヨークで、イエローキャブ(誰でもすぐに乗せる黄色いタクシー)と呼ばれている」と述べたことをきっかけにこの言葉が日本国内で大流行したが、豊田は自著で「家田氏の発言は事実無根」と反論した[3]

日本帰国後の1995年メンズリブ団体としてメンズリブ東京を立ち上げて代表となった。1998年には「メンズフェスティバル'98 in 東京」の実行委員長を務めた。メンズリブ東京は2000年に活動を停止している。

『DV』『消された一家』[編集]

2001年ドメスティックバイオレンスを主題にした『DV〜殴れずにはいられない男たち』を出版。DV防止法の施行によってDVが社会問題化していた当時、豊田は加害男性側へインタビューを繰り返し、「加害者を罰するだけではなく、DVを止めさせるための精神的ケアが必要」と主張した[4]

2005年に、北九州監禁殺人事件を題材にした『消された一家 -北九州・連続監禁殺人事件-』を出版。6件の殺人・1件の傷害致死で第一審死刑判決を受けた男女2人の被告人のうち、女性のほうがDV被害者であったことに豊田は着目し、「女性は主犯の男性による長年の暴力・虐待により、逃げられない心理状態となり、命令に逆らえずに犯罪に加担したのであるから死刑判決は不当である」と主張した[5]

特攻兵、沖縄戦、原爆[編集]

2013年、終戦直後の 満州で戦闘機に妻を乗せて出撃した特攻兵の生涯を描いた『妻と飛んだ特攻兵 8・19 満州、最後の特攻』を出版[6]2015年テレビ朝日東映制作でテレビドラマ化された[7]

2014年沖縄戦で民間人が避難したガマ(自然洞窟)での遺骨収集を題材にした児童書『ガマ 遺品たちが語る沖縄戦』を出版。厚生労働省社会保障審議会により同年の 児童福祉文化財に指定された[8]

2015年、『原爆と戦った特攻兵』を出版。太平洋戦争末期に江田島に創設されたベニヤ板製の特攻艇「マルレ」の秘密部隊「陸軍海上挺進戦隊」が原爆投下直後の広島で救援活動に奔走した史実を描いた豊田は、広島で被曝した特攻兵たちが復員後に原爆症を発症し、死亡者が続出したことを指摘し、「国は戦後に元特攻兵の原爆症の調査を全く行わず、賠償も行わなかった」と国の責任を追及している[9]

著書[編集]

脚注・出典[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 豊田正義 - 新潮社
  2. ^ 家田荘子 『イエローキャブ』 講談社、2000年。 ISBN 978-4062649544
  3. ^ 『告発!「イエローキャブ」-マスコミ公害を撃つ!』 [要ページ番号]
  4. ^ 著書『DV〜殴れずにはいられない男たち』エピローグ
  5. ^ 著書『消された一家』第八章
  6. ^ 1945年8月19日。満州から妻を同乗させ、飛び立った特攻兵がいた。『妻と飛んだ特攻兵』 - PR TIMES (2013年6月19日)
  7. ^ 戦後70年ドラマスペシャル『妻と飛んだ特攻兵』
  8. ^ 平成26年度 社会保障審議会児童福祉文化財 推薦作品一覧 (PDF) - 厚生労働省 (2014年9月)
  9. ^ 著書『原爆と戦った特攻兵』第七章

外部リンク[編集]