谷村孝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
谷村 孝
Ko Tanimura
Volleyball (indoor) pictogram.svg
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1982-08-15) 1982年8月15日(満35歳没)
出身地 福岡県飯塚市
ラテン文字 Ko Tanimura
身長 194cm
体重 82kg
血液型 B型
選手情報
愛称 コウ
ポジション WS
指高 250cm
利き手
スパイク 340cm
ブロック 330cm 
テンプレートを表示

谷村 孝(たにむら こう、1982年8月15日 - 2017年9月3日)は、日本の元男子バレーボール選手。福岡県飯塚市出身。ポジションはウイングスパイカー

来歴[編集]

筑穂中学1年よりバレーボールを始める。

中央大学在学中の2004年に全日本代表に初選出、同年ワールドリーグに出場した。2005年パナソニック・パンサーズに入団した。

2015年2月21日の対堺ブレイザーズ戦に出場し、通算出場試合数が230試合となり、Vリーグ栄誉賞の受賞資格を得た[1]

2016年に、現役を引退。

2017年9月3日昼、心筋梗塞により死去。35歳没[2][3]

球歴[編集]

所属チーム[編集]

脚注[編集]

  1. ^ パナソニックパンサーズ 谷村 孝選手 Vリーグ出場通算230試合出場について”. Vリーグ機構. 2015年2月23日閲覧。
  2. ^ 元バレー日本代表・谷村孝さん死去、35歳 突然の訃報に「まだ信じられない」 - J-CASTニュース 2017年9月7日
  3. ^ 【訃報です。】”. 福大大濠バレー部OBブログ (2017年9月4日). 2017年9月5日閲覧。

外部リンク[編集]