谷口陸男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

谷口 陸男(たにぐち りくお、1914年6月20日 - 1988年10月21日)は、日本のアメリカ文学者。

人物・来歴[編集]

三重県生まれ。東京帝国大学文学部英文科卒。神戸大学助教授ののち、東京大学教養学部教授を務め、1975年定年退官、大谷女子大学中京大学教授。1987年東大名誉教授。ロスト・ジェネレーションの米国作家を専攻し、ヘミングウェイヘンリー・ミラーなどを研究、翻訳した。

著書[編集]

  • 『文明憎悪の文学者 アンブローズ・ビァス研究社出版 1955
  • 『失われた世代の作家たち 20世紀アメリカ作家論』南雲堂 1955
  • 『ヘミングウェイの肖像』南雲堂 1956
  • 『ヘミングウェイ全集別巻 ヘミングウェイ研究』三笠書房 1956
  • 『アメリカの若者たち その文学的映像』岩波新書 1961
  • 『アメリカ文学の世紀末』(編)南雲堂 1983

翻訳[編集]