誰 (小説)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
から転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動

』(だれ)は、太宰治短編小説

概要[編集]

初出 『知性』1941年12月号
単行本 風の便り』(利根書房、1942年4月16日)
執筆時期 1941年9月末頃~10月中旬頃(推定)[1]
原稿用紙 23枚

本作品で「サタン」について述べた一節は、『聖書知識』1941年9月号に掲載された塚本虎二の評論に基づいている[2]。なお『聖書知識』は塚本が1930年に創刊した雑誌である。

後半、朱筆の評が入った「借金申込みの手紙」の内容が明かされる場面がある。これについて、太宰の親友で5つ年上であった山岸外史は次のように述べている。

「この手紙を材料として書いたのが、かれの小説『誰』である。むろん、太宰らしく、もじつて扱つているが、朱筆を入れたぼくの文章も、自分の手紙の文章も、それは、そつくりそのまゝ使つている」[3]

あらすじ[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 『太宰治全集 第4巻』筑摩書房、1989年12月15日、403-404頁。解題(山内祥史)より。
  2. ^ 塚本虎二の評論は「イエス伝研究/第百七十五講ペテロに対する遺言」の「附録/新約聖書に於けるサタン」。
  3. ^ 山岸外史 「太宰治の借金」。『新潮』1950年11月号所収。

外部リンク[編集]