西線9条旭山公園通停留場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
西線9条旭山公園通停留場
西線9条旭山公園通停留場(2009年8月)
西線9条旭山公園通停留場(2009年8月)
にしせんくじょうあさひやまこうえんどおり
Nishisen ku jo Asahiyama koen dori
SC05 西線6条 (0.374km)
(0.370km) 西線11条 SC07
所在地 札幌市中央区南9条西14丁目
駅番号 SC06
所属事業者 札幌市交通局札幌市電
所属路線 山鼻西線
キロ程 0.938km(西15丁目起点)
駅構造 地上駅(停留場)
ホーム 2面2線
開業年月日 1931年11月20日
備考 運行系統上の起点となる西4丁目より2.374 km
テンプレートを表示

西線9条旭山公園通停留場(にしせんくじょうあさひやまこうえんどおりていりゅうじょう)は、北海道札幌市中央区にある札幌市交通局札幌市電)山鼻西線の停留場である。停留場番号SC06。山鼻西線の通る福住桑園通と、菊水旭山公園通との交差点にある。

停留場構造[編集]

2面2線の対向式ホームを持つ。交差点を挟んで南側(南9条西14丁目)に西4丁目方面、北側(南8条西14丁目)にすすきの方面の乗り場があり、安全地帯が設けられている。安全地帯にはロードヒーティングが施され、上屋が設置されている。

停留場周辺[編集]

歴史[編集]

  • 1931年(昭和6年)11月23日 [1] 「南9条」の名称で停留場開業(単線)。
  • 1951年(昭和26年) 複線化。
  • 1957年(昭和32年)7月8日 「西線9条」に改称。
  • 1973年(昭和48年)5月1日 「旭山公園通」に改称。
  • 1974年(昭和49年)5月1日 「西線9条旭山公園通」に改称。地域住民からの反対などにより、従来の「西線9条」を復活させた。
  • 2001年(平成13年)4月1日 停留場名のひらがな・ローマ字表記を「にっせん-(Nissen-)」から「にしせん-(Nishisen-)」に変更。
  • 2015年(平成27年)4月1日 停留場番号を設定[2]

最長駅名[編集]

かつては「日本一長い駅名」(20文字)だったが、1990年に鹿島臨海鉄道大洗鹿島線長者ヶ浜潮騒はまなす公園前駅(22文字)が開業したため、日本一の座を明け渡した。それから第4位まで順位は後退したが、2007年5月21日に一畑電車北松江線の「ルイス・C.ティファニー庭園美術館前駅」が「松江イングリッシュガーデン前駅」に改名したことにより現在は第3位となっている。ただし、路面電車の停留場名としては現在でも日本一長い名前の停留場である。

隣の停留場[編集]

札幌市交通局
山鼻西線
西線6条停留場 (SC05) - 西線9条旭山公園通停留場 (SC06) - 西線11条停留場 (SC07)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 札幌市第四十三火災予防組合編、札幌市第四十三火災予防組合沿革誌、1941年より
  2. ^ “停留場ナンバリング表示について” (プレスリリース), 札幌市交通局, (2015年4月3日), オリジナル2015年4月11日時点によるアーカイブ。, http://web.archive.org/web/20150411150057/http://www.city.sapporo.jp/st/shiden/numbering.html 2015年4月11日閲覧。 

関連項目[編集]