西東詩集

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
Goethe 1819 West-östlicher Divan.jpg

西東詩集』(せいとうししゅう、原題:West-östlicher Divan )は、1819年に刊行されたドイツ作家詩人ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテの代表的詩集である。

晩年のゲーテは東洋オリエントに憧れるようになり、クルアーンペルシャの詩人ハーフェズの詩を好んで読んでいた。特にハーフェズの詩集の独訳が1814年に発表されると、多大な影響を受ける。ゲーテはハーフェズに憧れ、東洋への憧れ、人間の自然としての姿、文明に汚れていない世界に思いをはせ、次々に詩編を書いた。『西東詩集』が刊行されたのはゲーテが70歳の時であり、ゲーテの辿り着いた思想が結集されている。内的経験からでた文学観、汎神論的な宗教観、自然探求による宇宙観が深く描かれている。

当時のゲーテの恋人であるマリアンネと交わした詩的愛情を、マリアンネをズライカ、ゲーテをハーテムとして描いた相聞歌は有名である。「ズライカの書」に収められている。

炎に飛び込み、自らを焼いてしまう蛾を題材に、「死ね、そして生まれよ」と恋愛、人生を謳った「昇天のあこがれ」(原題:Selige Sehnsucht )は『西東詩集』で最も有名な詩の一つである。「詩人の書」に収められている。ゲーテの詩編の中でも最高傑作との声も高い。

参考文献[編集]

  • 『西東詩集 --- 翻訳と注釈』平井俊夫 訳、郁文堂、1989年(訳詩集として最高水準の傑作)
  • 『ゲーテ詩集』、井上正蔵訳、白鳳社、1965年
  • 『西東詩集』、小牧健夫訳 岩波文庫 1962年
  • 『西東詩集ほか ゲーテ全集15』 生野幸吉訳・解説 潮出版社 初版1981年

関連項目[編集]