ウェスト=イースタン・ディヴァン管弦楽団

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ダニエル・バレンボイム指揮するウェスト=イースタン・ディヴァン管弦楽団(2005年7月25日セビリア県Pilasにて)

ウェスト=イースタン・ディヴァン管弦楽団West-Eastern Divan Orchestra)は、1999年にユダヤ系指揮者ダニエル・バレンボイムとパレスチナ系文学者のエドワード・サイードにより設立されたオーケストラである。

楽団の名称はゲーテの著作『西東詩集』(West-östlicher Divan)から命名された。団員は対立を続けるイスラエルヨルダンレバノンシリアなどのアラブ諸国出身の若き音楽家達である。

第1回は、1999年のゲーテ生誕250年の記念日、ドイツワイマールで開催された。バレンボイムやサイードの他に、ヨー・ヨー・マが参加した。日中にリハーサルがあり、夜にはディスカッションを行なうという形式をとり、ベートーヴェン交響曲第7番を演奏した。当時の模様は、バレンボイムとサイードの対談集『音楽と社会』に詳しい[1]。その後は、毎年夏にスペインアンダルシアで合宿し、ワークショップと演奏会のツアーを行なっている。この活動に対して、バレンボイムとサイードは2002年にスペイン王室よりアストゥリアス皇太子賞を授与された。

サイードは2003年に死去したが、その理念「共存への架け橋」を掲げて現在もバレンボイムを指導者として音楽活動を続けている。2005年にはパレスチナ自治区ラマラにて厳戒態勢での中、演奏会を実施し、大きな感動を呼び起こした。2007年には、高松宮殿下記念世界文化賞の若手芸術家奨励制度に選ばれた。

レコーディングは、ワーナー・クラシックス・レーベルよりコンサートライブのCDやDVDが出ている。

参考文献[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『音楽と社会』 7頁

外部リンク[編集]