西岡京治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

西岡 京治(にしおか けいじ、1933年昭和8年〉2月14日 - 1992年平成4年〉3月21日)は、海外技術協力事業団に所属して活動した日本人農業指導者、植物学者ブータンの農業の発展に大きく貢献し、「ブータン農業の父」といわれる[1]。ブータン国王から「最高に優れた人」を意味する「ダショー」の称号を贈られ、現地ではダショー・ニシオカとも呼ばれる[2]

年表・年譜[編集]

没年以後

著書[編集]

  • 中尾佐助共著『ブータンの花』朝日新聞社、1984年 のち北海道大学出版会
  • 西岡里子著、西岡京治写真『ブータン神秘の王国』学習研究社、1978 NTT出版、1998年

脚注[編集]

参考文献[編集]