西岡京治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

西岡 京治(にしおか けいじ、1933年(昭和8年)2月14日 - 1992年(平成4年)3月21日)は、海外技術協力事業団に所属して活動した日本人農業指導者、植物学者ブータンの農業の発展に大きく貢献し、「ブータン農業の父」といわれる[1]。ブータン国王から「最高に優れた人」を意味する「ダショー」の称号を贈られ、現地ではダショー・ニシオカとも呼ばれる[2]

年表・年譜[編集]

大阪府立八尾高等学校卒業後、大阪府立大学農学部(現・生命環境科学部)に進学。部活動は海外農業研究会に所属していた。
大阪府立大学大学院農学研究科に進み、中尾佐助に師事する。大阪市立大学大学院理学研究科研究生として川喜田二郎の薫陶を受ける。
  • 1958年(昭和33年) - 川喜田を隊長とする大阪市立大学西北ネパール学術調査隊に参加し、このとき、二条大麦および六条大麦野生種を発見する。この発見は、大麦栽培史の空白部分を補完する重要な学術業績となった。
  • 1961年(昭和36年) - 大阪府立園芸高等学校教諭になる。結婚。
  • 1962年(昭和37年) - 大阪府立大学東北ネパール学術探検隊に副隊長として参加。
  • 1964年(昭和39年) - ブータンに海外技術協力事業団(現・国際協力機構)のコロンボ・プランの農業指導者として里子夫人とともに赴任。赴任当初はインド人が大半を占める農業局から冷遇を受け、試験農場すらまともに用意されなかったという。そのような中、28年間に渡り日本から導入した野菜の栽培および品種改良荒地開墾など、ブータンの農業振興に尽力する。西岡の振興策は援助側の一方的な施策の押し付けではなく現地の実状に即した漸進的なものであった。このため、成果の確実性と定着性において他に例を見ないほどの成功を収め、農法にとどまらず産業・生活の基盤改善に大きく寄与した。
  • 1980年(昭和55年) - ジグミ・シンゲ・ワンチュク国王から「国の恩人」として、民間人に贈られる最高の爵位である「ダショー」を授かり、同国において唯一にして史上初の外国人受爵者となった。
  • 1992年(平成4年) - 3月21日 帰国直前、敗血症に罹り、ブータンにて死去した(59歳没)。3月26日 ブータン王室およびブータン政府によって西岡京治の国葬が執り行われ、遺体は夫人の意向に従ってパロ盆地(cf. パロ)が見渡せる丘にある葬儀場に埋葬された[2]

没年以後

著書[編集]

  • 中尾佐助共著『ブータンの花』朝日新聞社、1984年 のち北海道大学出版会
  • 西岡里子著、西岡京治写真『ブータン神秘の王国』学習研究社、1978 NTT出版、1998年

脚注[編集]

[ヘルプ]

参考文献[編集]