西内文夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
西内文夫 Portal:陸上競技
選手情報
フルネーム 西内文夫
国籍 日本の旗 日本
種目 十種競技
生年月日 1922年
生誕地 香川県丸亀市広島
没年月日 2001年8月23日
死没地 東京都府中市
 
獲得メダル
陸上競技
アジア大会
1951 ニューデリー 十種競技
1954 マニラ 十種競技
編集 テンプレートのヘルプを表示する

西内 文夫(にしうち ふみお、1922年 3月2日- 2001年8月23日)は日本陸上競技選手。

香川県丸亀市広島町出身。丸亀商業学校(現:丸亀城西高校)、中央大学[1]

1951年インドニューデリーで開催された第1回アジア競技大会十種競技で金メダルを獲得(記録:6324点)。1954年フィリピンマニラで開催された第2回アジア競技大会では銀メダルを獲得した(記録:5429点)[2]

日本陸上競技選手権大会では1951年から1953年まで三連覇を達成[3]

その後、母校の中央大陸上部監督に就任し、東京箱根間往復大学駅伝競走で8回優勝した[1]

2001年8月23日、急性心不全のため死去[4]。79歳没。

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]