竹内廣三郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
竹内 廣三郎 Portal:陸上競技
選手情報
フルネーム 竹内 廣三郎
ラテン文字 TAKENOUCHI Hirosaburo
国籍 日本の旗 日本
種目 十種競技
大学 東京高等師範学校
生年月日 1891年
生誕地 滋賀県[1]
没年月日 (1931-02-24) 1931年2月24日(40歳没)
編集 テンプレートのヘルプを表示する

竹内 廣三郎(たけのうち ひろさぶろう、1891年 - 1931年2月24日、竹内 広三郎)は、滋賀県出身の陸上競技選手・指導者、サッカー選手。

経歴[編集]

滋賀師範学校を経て、東京高等師範学校に進学。東京高師在学中は陸上・十種競技の選手として第3回および第4回の極東選手権競技大会に出場した他、1917年および1918年の日本陸上競技選手権大会で2年連続優勝した。

また、蹴球部(現:筑波大学蹴球部)にも所属し、1917年5月に開催された第3回極東選手権競技大会サッカー日本代表に選出され、主将として2試合に出場した[2]

東京高師を卒業後、愛知県第一中学校(現:愛知県立旭丘高等学校)教諭、京都師範学校教諭や大阪体育協会の主事などを歴任。1924年に大阪毎日新聞からの依頼でパリ五輪のサッカーの取材を行った。1928年アムステルダムオリンピックでは陸上競技チームの総監督を務めた。

所属クラブ[編集]

代表歴[編集]

出場大会[編集]

試合数[編集]

  • 2試合 0得点 (1917)


日本代表国際Aマッチ その他期間通算
出場得点 出場得点出場得点
1917 0 0 2 0 2 0
通算 0 0 2 0 2 0

著書[編集]

  • 芬蘭のランニング』 廣文堂、1926年1月 

脚注[編集]

  1. ^ 東京高等師範学校一覧 大正10年度 (p.七七ノ六七) 2016年10月2日閲覧
  2. ^ 第3回極東選手権大会”. 日本サッカー協会. 2014年7月10日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]