裏松良光

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
裏松良光

裏松 良光(うらまつ たるみつ、 1850年5月30日(嘉永3年4月19日[1])- 1915年大正4年)9月12日[1][2])は、幕末公家明治から大正期の陸軍軍人政治家華族。最終階級は陸軍歩兵少佐貴族院子爵議員

経歴[編集]

山城国京都右少弁裏松勲光の長男として生まれる[1][3]文久元年12月3日1862年1月2日)元服して昇殿を許され従五位上に叙せられ筑前権介に任じられた[4]。中務権少輔、兼中宮権大進などを歴任し、明治2年8月22日1869年9月27日)侍従に就任[2][4]明治5年1月14日1872年2月22日)依願免本官となりドイツ帝国へ留学[2][4][5]1874年3月に官費留学生に帰国命令が出されたが、自費留学が認められ、1875年10月31日に帰国した[4][5]。祖父裏松恭光の死去に伴い、明治5年2月12日(1872年3月20日)家督を相続[1][3][4]1884年7月8日、子爵を叙爵した[6]

1876年3月4日、陸軍歩兵少尉に任官し陸軍戸山学校附となる[2][4]。以後、名古屋鎮台歩兵第6連隊小隊長、東京鎮台歩兵第2連隊小隊長、同歩兵第3連隊小隊長、歩兵第17連隊中隊長、歩兵第32連隊中隊長などを歴任[2]1898年4月1日、歩兵少佐に昇進と同時に後備役に編入された[7]

1902年10月、貴族院子爵議員補欠選挙で当選し[8]、死去するまで在任した[2]

親族[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j 『平成新修旧華族家系大成』上巻、260頁。
  2. ^ a b c d e f 『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』37頁。
  3. ^ a b 『人事興信録』第4版、う36頁。
  4. ^ a b c d e f g 『裏松家譜』
  5. ^ a b 『新訂増補 海を越えた日本人名事典』153頁。
  6. ^ 『官報』第308号、明治17年7月9日。
  7. ^ 『官報』第4423号、明治31年4月2日。
  8. ^ 『官報』第5792号、明治35年10月23日。

参考文献[編集]

  • 衆議院・参議院編『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。
  • 霞会館華族家系大成編輯委員会『平成新修旧華族家系大成』上巻、霞会館、1996年。
  • 『新訂増補 海を越えた日本人名事典』日外アソシエーツ、2005年。
  • 人事興信所編『人事興信録』第4版、1915年。
  • 『裏松家譜』1875年。東京大学史料編纂所所蔵。


日本の爵位
先代:
叙爵
子爵
裏松家初代
1884年 - 1915年
次代:
裏松友光