蛯原徳夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

蛯原 徳夫(えびはら とくお、1904年8月10日[1]- 1988年8月4日)は、フランス文学者。

東京生まれ。1934年法政大学文学部仏文科卒。1965年名古屋大学文学博士(「ロマン・ロランの思想的原理」)、生涯にわたりロマン・ロランを研究・翻訳。1953年大阪市立大学文学部助手、54年助教授、58年教授、68年定年退任、名誉教授、青山学院大学教授、聖徳学園短期大学教授を歴任した。

著書[編集]

  • 『ロマン・ロラン その根本思想』アポロン社 1962
  • 『ロマン・ロラン研究 その思想的原理』アポロン社 1967
  • 『ロマン・ロランとタゴール』第三文明社〈レグルス文庫〉1980
  • 『ロマン・ロラン研究』第三文明社 1981

翻訳[編集]

  • ロマン・ロラン『ミレー』岩波文庫 1939、改版1959
  • J.エスカラ『支那過去と現在』生活社[東亜叢書] 1941
  • 『ロマン・ロラン全集 第38巻 ミケランジェロの生涯』みすず書房 1949
  • 『ロマン・ロラン全集 第53巻 革命によって平和を』みすず書房 1951
  • 『ロマン・ロラン全集 第67巻 第九交響曲』高田博厚共訳 みすず書房 1951
  • 『ロマン・ロラン全集 第70巻 ベートーヴェンの恋人たち』みすず書房 1952
  • 『ロマン・ロラン全集 第71巻 日本人への手紙』みすず書房 1954
  • バルザックセラフィタ』角川文庫 1954、復刊1989
  • モーパッサン全集』春陽堂書店 1955-1956。分担訳者
  • 『創造的ユニティー タゴール著作集 8』アポロン社 1959
  • 『ロマン・ロラン全集 9 花の復活祭』みすず書房 1959。新版「全集」
  • 『ロマン・ロラン全集 13・14 伝記』上田秋夫・宮本正清共訳 みすず書房 1959-1960
  • 『ロマン・ロラン全集 22 過去の国への音楽の旅・ヘンデル』高田博厚共訳 みすず書房 1959
  • 『ロマン・ロラン全集 19 芸術論集』宮本正清・波多野茂弥共訳 みすず書房 1960
  • ロマン・ロラン『トルストイの生涯』岩波文庫 1960
  • 『ロマン・ロラン全集 12 機械の反抗』みすず書房 1962
  • 『ロマン・ロラン全集 35・36 書簡・日記』宮本正清、山口三夫共訳 みすず書房 1962-1979
  • 『ロマン・ロラン全集 32 ユルム街の僧院』波多野茂弥共訳 みすず書房 1966
  • ロマン・ロラン『ベートーヴェン第九交響曲』北沢方邦共訳 みすず書房 1967
  • 『ロマン・ロラン全集 17 幼時の思い出』みすず書房 1980
  • 『ロマン・ロラン全集 24 ベートーヴェンが好きでない一女性への手紙』みすず書房 1980
  • 『ロマン・ロラン全集 29 戦時の日記 3』みすず書房 1980
  • 『東洋と西洋・ほか タゴール著作集 8』第三文明社 1981
  • 『ロマン・ロラン全集 39 伯爵様 ロマンとトルストイ 書簡』みすず書房 1982.10
  • 『暗室の王 タゴール著作集 6』第三文明社 1982
  • 『ロマン・ロラン全集 19 ジャン=ジャック・ルソーガブリエレ・ダヌンツィオドゥーゼーの思い出』みすず書房 1983
  • 『1940年代詩集 笛 タゴール著作集 2』第三文明社 1984
  • 『ロマン・ロラン全集 43 他の著作への序文・雑纂』みすず書房 1985
  • 『瞑想録 タゴール著作集 7』第三文明社 1986

参考文献[編集]

  • 『ロマン・ロラン研究』略歴

脚注[編集]

  1. ^ 『現代日本人名録』1987年