虚空の逆マトリクス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
虚空の逆マトリクス
Inverse of Void Matrix
著者 森博嗣
発行日 2003年1月7日
発行元 講談社
日本の旗 日本
言語 日本語
形態 ノベルス
ページ数 254
コード ISBN 978-4-06-182296-2
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

虚空の逆マトリクス』(こくうのぎゃくマトリクス、Inverse of Void Matrix)は、森博嗣による短編小説集。

概要[編集]


以下の7作が収録されている。

  • トロイの木馬 Trojan Horse Program
  • 赤いドレスのメアリィ Mary is Dressed in Red
  • 不良探偵 Defective in Detective
  • 話好きのタクシードライバ That's Enough Talking of Taxi Driver
  • ゲームの国(リリおばさんの事件簿1) The Country of Game
  • 探偵の孤影 Sound of a Detective
  • いつ入れ替わった? An Exchange of Tears for Smiles

あらすじ[編集]

トロイの木馬
初出:『21世紀本格』
密室の部屋には、胸に剣が刺さり息絶えている彼女・サヲリと、自分だけ。誰が彼女を殺したのか、自分が愛する彼女を殺す理由はないはずなのに。これは現実なのか、それとも……。
赤いドレスのメアリィ
初出:『別冊文藝春秋』 2002年3月号
バスの待合所のベンチに座っている、目も覚めるような真っ赤なドレスを纏った女性。色白で黒髪のその女性は、どこからどう見ても老婆だ。街の有名人らしいが、正体不明のメアリィさん。ある日私は、昔のメアリィさんを知っている、という男性と出会い、彼女の昔話に聞き入る……。
不良探偵
初出:『小説推理』 2002年10月号
慎一(シンちゃん)とサトルは従兄弟同士。サトルが小説の主人公の探偵に慎一と名付けてから、シンちゃんは、自分を探偵だと思っている。ある日、取材旅行から帰ると、恋人の真由子が殺されていた。誰が犯人なのか!?
話好きのタクシードライバ
初出:『KADOKAWAミステリ』 2002年7月号
タクシーをよく利用するビジネスマン。ダラダラとどうでもいい話を続ける運転手と、そこそこ面白い話をする運転手、果たして今日はどちらだろうか。
ゲームの国(リリおばさんの事件簿1)
初出:『メフィスト』 2001年5月号
佳奈とその家族が働くセメント会社の社員食堂で、殺人事件が起こった。回文同好会主宰者のリリおばさんが事件を華麗に解決に導く。
探偵の孤影
初出:『小説新潮』 2002年1月号
ミスタ・ティモシェンコの下に、姉を探して欲しいと依頼が入る。しかし依頼人は、姉の名前は教えられない、写真も提供できない、それでも探して欲しいと言う。その姉が住んでいたというビルは現在、幽霊ビルと言われている場所だった。
いつ入れ替わった?
初出:『メフィスト』 2002年5月号
食事の約束をしていた萌絵犀川。「大事な夜」の予感がしていた萌絵。しかし、ひょんなことから未解決の誘拐・身代金要求事件の話に発展。身代金を乗せたはずのタクシーがいつの間にか入れ替わっていた!? 萌絵と犀川、2人の関係の進展が伺える一作。