藤谷俊雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

藤谷 俊雄(ふじたに としお、1912年7月2日[1] - 1995年2月11日[1])は、日本歴史学者部落問題研究家である。

京都府京都市出身。生家は真宗大谷派即現寺京都府立第二中学校、1934年に高知高等学校文科甲類[2][1]、1937年に京都帝国大学文学部史学科を卒業[3]。1938年、治安維持法違反で検挙。その後、生家の住職、また京都市史編纂に参加[1]

戦後、日本史研究会創設に参加[1]。また1966年には部落問題研究所理事長兼所長に就任し、文化厚生会館問題によって奈良本辰也林屋辰三郎原田伴彦らが去った後の研究所再建に尽力[1]

著書[編集]

  • 『現代と部落問題』 汐文社、1968年
  • 『「おかげまいり」と「ええじゃないか」』 岩波書店、1968年
  • 『部落問題の歴史的研究』 部落問題研究所、1970年
  • 『現代部落問題研究』 部落問題研究所出版部、1974年
  • 『神道信仰と民衆・天皇制』 法律文化社、1980年
  • 『戦後の部落問題研究』 部落問題研究所、1981年
  • 『ファシズムと戦争の時代』上下2冊 白石書店、1988年
  • 『国家神道と天皇問題』 部落問題研究所、1989年
  • 『伊勢神宮』(直木孝次郎との共著) 新日本出版社 1991年

参考文献[編集]

  • 脇田修「藤谷俊雄先生を悼む」『日本史研究』第394号、日本史研究会、1995年、 71-75頁、 NAID 40002930232

脚注[編集]