藤林長門守

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

藤林 長門守 (ふじばやし ながとのかみ、生没年不詳)は、戦国時代忍者伊賀の上忍三家の一つ藤林氏の当主であり、伊賀北部で甲賀に境を接する湯舟郷を支配していた。甲賀側にも多くの配下がおり、伊賀甲賀双方に影響力を持っていたとされる。服部氏服部半蔵百地氏百地丹波と並び伊賀の三大上忍と呼ばれる。父は服部摂津守保信。本名は正保、保豊など曖昧。

伊賀流の頭目という立場でありながら記録はほとんど残っておらず、その生涯は謎に包まれている。第二次天正伊賀の乱では甲賀の多羅尾氏ともに、織田氏の手引きをして生き残ったという説もあれば、織田の軍勢と最後まで戦い抜いた百地丹波と同一人物とする説もある。『藤林家由緒書』には今川義元に雇われていた際、武田信玄軍師山本勘助忍術を教えたという記録が残っている。

長門守の子孫、藤林佐武次保武が今に忍者の姿を伝える貴重な資料と呼ばれる『万川集海』を著している。

また現在、湯船郷には藤林姓が見られることから、これらの氏族は子孫の可能性が高い。

関連項目[編集]

登場作品[編集]

小説