船床定男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

船床 定男(ふなとこ さだお、1932年[1]2月5日[2] - 1972年2月22日[2][3])は、京都府出身の演出家映画監督。本名荒井定男[3][注釈 1]。妻は日本舞踊家の花柳寿位彦(本名・荒井満枝)[2][3]

日本初の「連続テレビ映画」番組である『月光仮面』を演出するなど、日本のテレビ黎明期において多くのテレビドラマを演出したことで知られ、14年間で約600本を監督した[5]

来歴・人物[編集]

国民学校高等科卒業後、演劇青年となり、1952年に加藤泰らの「劇団こうもり座」に参加[6]。その後、映画の世界に入り、加藤泰伊藤大輔に師事する[1][7]

1958年に宣弘社が製作し、同じ独立プロダクション「綜芸プロ」に所属していた西村俊一が企画した日本初の「連続テレビ映画」である『月光仮面』を、監督経験のないまま26歳の若さで初演出。低予算の上「ワンカット28秒しか撮影できないカメラ」という制約の元で「スピーディーな演出」と「早撮り」の才能を発揮してヒット作品とした[8]

続いて『快傑ハリマオ』『隠密剣士』など宣弘社作品を中心に多数のテレビドラマを監督[1][2]

1967年には自身初の特撮ヒーロー物である『マグマ大使』のシリーズ後半より監督[9]。その後も多くの作品の演出を続けたが、1970年のテレビドラマ『青春太閤記 いまにみておれ!』の演出前後に舌癌を発症。その後も治療を続けながら『ガッツジュン』などを監督したが、1972年に40歳の若さで死去[10][3]。戒名の「月光院明世日定居士」は「『月光仮面』で世の中を明るくした」ことを意味している[3]

エピソード[編集]

  • 自宅に帰宅すると台本に線を引いて、早撮りの工夫を考えていた[11]
  • 1965年の『丹下左膳』当時のインタビューで、「テレビではスポンサーがあるので芸術家気取りは許されない。僕は実績を積み重ねるだけ」と述べている[1]
  • 漫画収集が趣味で、特に白土三平望月三起也を愛好していた[3]
  • マグマ大使』では、船床はズームレンズを多用することが多く本編と特撮が繋がらなくなることが多くなり、特撮監督の小嶋伸介に「早く帰ってくるだけが撮影じゃない。徹夜して撮影している特撮スタッフのことも考えてほしい」と苦言を呈され、小嶋に対して「今までそのようなことを言ったのはいない。その通りだ」と以後は快く注文に応じてくれたと小嶋は術懐している[12]
  • ガッツジュン』では、前番組『柔道一直線』の好評を受けて野球をデフォルメした演出が行われたが、船床は野球を知らず、野球ファンから不評であったため監督を交代し路線変更するに至った[13]

演出作品[編集]

テレビ[編集]

映画[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 結婚時に婿入りしたため荒井姓となった[4][3]
  2. ^ 『伝説の昭和特撮ヒーロー』では、田村正蔵が全話を監督したとしている[14]

出典[編集]

  1. ^ a b c d 『読売新聞』1965年10月17日付朝刊、10面。
  2. ^ a b c d 平凡社 1998, p. 102.
  3. ^ a b c d e f g 石橋春海 2014, pp. 72-73, 「特別インタビュー 船床定男監督 長男・荒井伸定さん」
  4. ^ 平凡社 1998, p. 116.
  5. ^ 石橋春海 2014, p. 71, 「宣弘社作品を作った職人たち2 評伝 監督・船床定男 600本のテレビ映画を作った男」
  6. ^ 平凡社 1998, p. 104.
  7. ^ 平凡社 1998, pp. 104-106.
  8. ^ 平凡社 1998, p. 108.
  9. ^ 平凡社 1998, pp. 130-134.
  10. ^ 平凡社 1998, pp. 137-138.
  11. ^ 平凡社 1998, p. 112.
  12. ^ 平凡社 1998, pp. 133-135.
  13. ^ 石橋春海 2014, pp. 68-70, 「1971 ガッツジュン」.
  14. ^ 石橋春海 2014, p. 41, 「1961 恐怖のミイラ」.

参考文献[編集]