藤山治一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
藤山 治一
人物情報
生誕 文久元年3月2日1861年4月11日
佐賀藩
死没 (1917-05-13) 1917年5月13日(56歳没)
東京都
出身校 駒場農学校
学問
時代 江戸時代明治大正
研究分野 ドイツ語
研究機関 陸軍大学校早稲田大学など
主要な作品 シーボルト研究など
テンプレートを表示

藤山 治一(ふじやま はるかず、文久元年3月2日1861年4月11日) - 1917年5月13日)は、肥前国佐嘉郡(現在の佐賀県佐賀市)出身の佐賀藩士族、近代日本ドイツ語学者[1][2]

生涯[編集]

佐賀藩士の父:藤山治明、母:絹の間に生まれる[2]。絹は後に鍋島朗子乳母を務めた[2]1873年に旧佐賀藩が費用を負担して国内留学生を50名送り出す事になり、これに選ばれて治明とともに東京に移る[2]。有馬学校で英語を学んだ後、1878年2月に駒場農学校獣医科に入って首席となっている[3]。東京での生活費は絹が負担しており、官費生となるために農学校にすすんだという[2]。在学中は毎週日曜に鍋島邸に通い、鍋島直映の相手を務めた[3]

1880年2月に農学校を卒業し、同年4月から鍋島家の給費生として佐野常実佐野常民の息子)、牧亮四郎とともにドイツに留学した[3]ベルリン大学への入学までドイツ語を学んでいたが、イェーナ大学への入学後に佐野が病を得たため見舞いに行き、そのまま亡くなったため葬儀を手配している[3]。同年11月17日にベルリン大学に入り農業経済学を学んだが、動植物学に興味がわき1881年12月22日に退学してボン大学に移った[3]。この事を知ったドイツ駐在公使の青木周蔵に帰国を命じられたが、旅費600円を受け取ってそのままボン大学に通い続け、それが知られて鍋島家からの学費支給が止められている[3]。留学生から借金を重ねて自殺を考えるほど困窮し、見かねた書記官丹羽龍之助が日本に連絡して絹ら旅費が送られ、1883年10月にドイツを発って帰国することができた[3]

1884年3月に東京外国語学校の御用係となり、同年12月には農商務省東京山林学校の御用係になっている[3]。同じ頃に獨逸学協会学校の動植物学教員を委嘱され、さらに1885年には東京大学予備門の教師に就いた[3]1887年に陸軍教授として陸軍大学校に赴任すると、メッケル達ドイツ人教官の通訳遠藤慎司らとともに務めている[4]1889年には日本人による初めての本格的な シーボルト論となる論文を『Von West Nach Ost』に発表した[5]。参謀旅行に14回以上参加した他、1894年には日清戦争に従軍する[6]など通訳としても精力的に活動した。

1895年東京専門学校のドイツ語教授となり、1896年から1897年にかけて2回目のドイツ留学をした[7]1899年には同僚の高田善次郎とともに『独和兵語辞書』を編纂した[8]1902年早稲田大学に改称されると、その初代ドイツ語教授となっている[9]。また、翻訳を担当したコルマール・フォン・デア・ゴルツの『戦争及統帥』が1906年に出版された[8]

1917年5月13日に急性腹膜炎のため逝去し、青山霊園に埋葬された[8]

脚注[編集]

  1. ^ 上村直己 2001.
  2. ^ a b c d e 上村直己 2005, p. 17.
  3. ^ a b c d e f g h i 上村直己 2005, p. 18.
  4. ^ 上村直己 2005, p. 19.
  5. ^ 廣田稔 2002, p. 55.
  6. ^ 廣田稔 2002, p. 56.
  7. ^ 廣田稔 2002, p. 57.
  8. ^ a b c 上村直己 2005, p. 20.
  9. ^ 廣田稔 2002, p. 53.

参考文献[編集]

  • 上村直己『明治期ドイツ語学者の研究多賀出版、2001年。ISBN 4-8115-5631-3
  • 上村直己「藤山治一とメッケル将軍」『九州の日独文化交流人物誌』、熊本大学、pp.17-20、2005年。
  • 廣田稔「藤山治一のドイツ語シーボルト論事情 ハンス・ヨアヒム・クナウプ氏の論考を基に」『言語文化論究』、九州大学、pp.53-64、2002年。