藤原通基 (大蔵卿)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

藤原 通基(ふじわら の みちもと、寛治4年(1090年) - 久安4年10月10日1148年11月22日))は、平安時代後期の貴族鎮守府将軍藤原基頼の次男。母は筑前守藤原国仲の娘。正四位下能登守大蔵卿左京大夫持明院通基とも呼ばれる。

天治年間において、父の基頼が創建した持仏堂である持明院を改築・拡張して、安楽光院と改名。鳥羽上皇を招いて盛大な供養を行った。これ以降「持明院」の名称はその邸宅の名として残り、またその家の家号ともなった。三男の基家がこれを継承し、その子孫は羽林家持明院家として発展した。

系譜[編集]


先代:
藤原基頼
持明院家
第2代
次代:
持明院基家