藤原刷雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
 
藤原刷雄
時代 奈良時代
生誕 8世紀
死没 不詳
官位 正五位下図書頭
主君 孝謙天皇淳仁天皇
氏族 藤原南家仲麻呂流
父母 父:藤原仲麻呂、母:大伴犬養の娘
兄弟 真従真先訓儒麻呂朝狩小湯麻呂刷雄薩雄辛加知執棹真文徳一、児従、東子、額
不詳
千世
テンプレートを表示

藤原 刷雄(ふじわら の よしお)は、奈良時代貴族藤原南家太師藤原仲麻呂(恵美押勝)の六男[1]官位正五位下図書頭

経歴[編集]

天平勝宝4年(752年遣唐使留学生として大使・藤原清河に随行、渡航前に無位から従五位下叙爵される。天平勝宝6年(754年)4月頃帰国したと推察される。天平宝字2年(758年)父の藤原仲麻呂が擁立した淳仁天皇即位すると、父や兄弟とともに藤原恵美朝臣姓を与えられた。

天平宝字8年(764年)に発生した恵美押勝の乱では、一族が悉く処刑された中で刷雄のみは若い時から禅行を修めていた(当時の社会で重んじられていた遣唐使留学生だった経歴が考慮されたものとも)として死罪を免れ、隠岐国への流罪に留められている。

光仁朝に入ると宝亀3年(772年)に赦免されて本位(従五位下)に復し官界に復帰し、氏姓も藤原朝臣に戻される。宝亀5年(774年但馬介次いで但馬守に任ぜられると、刑部大判事治部大輔上総守と内外の諸官を歴任する。またこの間の宝亀9年(778年)には従五位上に叙せられている。

桓武朝では、大学頭右大舎人頭を経て、延暦10年(791年)に陰陽頭に任じられた。

淡海三船撰の『唐大和上東征伝』に、天平宝字7年(763年)に没した鑑真を悼む五言が収録されている。

藤原薩雄との同一人物説[編集]

尊卑分脈』において、刷雄の兄弟とされている藤原薩雄を刷雄と同一人物とする説がある。

薗田香融は『続日本紀』にある天平宝字2年の無位から従五位下とする記述は当時の遣唐留学生の叙位としては異例なだけではなく、当時健在であった4人の兄の位階の昇進の例(いずれも正六位上から従五位下に昇進している)を越してしまう事を指摘してこの記事には誤りが含まれているとして、『続日本紀』天平宝字3年6月庚戊に正六位上から従五位下に叙された薩雄を刷雄と同一人物とする説を述べている。

また、吉川敏子は天平宝字2年の父・仲麻呂の「恵美押勝」改名と前後して若い頃に仏道修行をしていた刷雄に「菩薩」に通じる“薩”の字が与えられ、恵美押勝の乱の際に剥奪されて旧名の刷雄に戻されたとすれば、両者が同一人物としての説明が可能であると唱えている。

官歴[編集]

続日本紀』による。

系譜[編集]

尊卑分脈』による。

脚注[編集]

  1. ^ 但し、『尊卑分脉藤原仲麻呂子息系図によると、六男は薩雄で、刷雄本人は八男となっている(岸[1987: 115])。
  2. ^ 『尊卑分脈』

参考文献[編集]