藤原真従

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
 
藤原真従
時代 奈良時代
生誕 不明
死没 750年代前半?
官位 従五位下中務少輔
主君 聖武天皇
氏族 藤原南家仲麻呂
父母 父:藤原仲麻呂、母:藤原宇比良古藤原房前女)
兄弟 真従真先訓儒麻呂朝狩小湯麻呂刷雄薩雄辛加知執棹真文徳一、児従、東子、額
粟田諸姉(後の淳仁天皇の妃)
広河藤原巨勢麻呂子)室
テンプレートを表示

藤原 真従(ふじわら の まより)は、奈良時代貴族藤原南家藤原仲麻呂の長男[1]官位従五位下中務少輔

経歴[編集]

天平21年(749年従五位下に昇叙し、中務少輔に任ぜられた。その後、仲麻呂一族が栄華を極める一方で『六国史』に真従に関する記事はなく、間もなく早世か。

真従の妻であった粟田諸姉藤原仲麻呂の思惑により大炊王(のち淳仁天皇)と再婚。大炊王は仲麻呂の私邸に住むなど、仲麻呂と深く結びつく。その後、仲麻呂は大炊王を皇嗣として擁立し、権力を握ることになる。

官歴[編集]

続日本紀』による。

系譜[編集]

尊卑分脈』による。

脚注[編集]

  1. ^ 一部の書籍に訓儒麻呂を仲麻呂の長男とするものがあるが、従五位下への叙爵時期(真従:天平勝宝元年(749年)、訓儒麻呂:天平宝字2年(758年))の差により真従を長男とするのが正しいと考えられている。

参考文献[編集]