藤原小湯麻呂

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
 
藤原小湯麻呂
時代 奈良時代
生誕 不詳
死没 天平宝字8年9月18日764年10月17日
官位 従五位上丹波介
主君 孝謙天皇淳仁天皇
氏族 藤原南家仲麻呂流
父母 父:藤原仲麻呂
兄弟 真従真先訓儒麻呂朝狩小湯麻呂刷雄薩雄辛加知執棹真文徳一、児従、東子、額
テンプレートを表示

藤原 小湯麻呂(ふじわら の おゆまろ)は、奈良時代貴族。名は小弓麻呂湯麻呂とも記される。藤原南家太師藤原仲麻呂の子。官位従五位上丹波介

経歴[編集]

天平宝字2年(758年丹波介に任ぜられ、父・藤原仲麻呂や兄弟らとともに藤原朝臣から藤原恵美朝臣に改姓する。藤原仲麻呂政権下で、天平宝字3年(759年従五位下、天平宝字8年(764年)正月に従五位上と順調に昇進する。

同年9月に発生した藤原仲麻呂の乱では最後まで仲麻呂に従うが、9月18日に近江国勝野の鬼江(現在の滋賀県高島市)で石村石楯に斬首された[1]

官歴[編集]

注記のないものは『続日本紀』による。

脚注[編集]

  1. ^ 『続日本紀』天平宝字8年9月18日条
  2. ^ 『デジタル版 日本人名大辞典+Plus』

参考文献[編集]