薩摩狂句

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
この項目に含まれる文字は、オペレーティングシステムブラウザなどの環境により表示が異なります。

薩摩狂句(さつまきょうく)は、狂句の一種。鹿児島県(とくに西部)で創作され、鹿児島弁を用いておこなわれる。

地元では、テレビラジオ新聞で作品を紹介することが頻繁にあり、地域によって名称を変えた狂句のサークルがある。

概要[編集]

  • 句全体に鹿児島弁の特徴を用いる。
  • 5-7-5縛り。字余りは許されない。
たとえば「受験生」を「じゅけんせい」と読むことが出来るが、「浪人生」を「ろうにんせい」と読むことは出来ない。この場合は「ろにんせい」のように無理やり縮める。
  • 動詞で終わる場合は最後が「っ」になる。
「来る」は「来(く)っ」、「回る」は「回(まわ)っ」
  • 唱(しょう)をつける場合がある。
唱とは、本句とは別に7-7または7-5のオチをつけること。

薩摩狂句を題材とした番組[編集]