華麗なるヒコーキ野郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
華麗なるヒコーキ野郎
The Great Waldo Pepper
監督 ジョージ・ロイ・ヒル
脚本 ウィリアム・ゴールドマン
原案 ジョージ・ロイ・ヒル
製作 ジョージ・ロイ・ヒル
出演者 ロバート・レッドフォード
ボー・スヴェンソン
スーザン・サランドン
音楽 ヘンリー・マンシーニ
撮影 ロバート・サーティース
編集 ウィリアム・H・レイノルズ
配給 アメリカ合衆国の旗 ユニバーサル・ピクチャーズ
日本の旗 CIC
公開 アメリカ合衆国の旗 1975年3月13日
日本の旗 1976年3月13日
上映時間 108分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
興行収入 $20,642,922[1]
テンプレートを表示

華麗なるヒコーキ野郎』(原題: The Great Waldo Pepper)は、1975年アメリカ映画

監督・原案ジョージ・ロイ・ヒル、脚本ウィリアム・ゴールドマン、撮影ロバート・サーティース、編集ウィリアム・レイノルズ、主演ロバート・レッドフォードと、『スティング』のスタッフ・キャストが再結集している。また、ロイ・ヒル監督とレッドフォードにとっては『明日に向って撃て!』『スティング』に続く3度目のコンビ作である。

航空機パイロットを主人公としたドラマで、『明日~』『スティング』と同じく過去(1920年代)が舞台となっている。

空を飛ぶことに魅了され、空を飛ぶことに人生を掛けた男たちの生き様を描く、名作ロマン。

あらすじ[編集]

1920年代。第一次大戦が終結してなおも飛行機と空に魅せられ続けた元空軍パイロットたちの中には、複葉機で各地を回り、遊覧飛行や曲芸乗りを生業とするバーンストーマーになった者が数多くいた。ウォルド・ペッパーもそんな男たちの1人であった。ある日、ペッパーが中西部の田舎町にやって来ると、そこには同業者の先客アクセル・オルソンの姿が。商売敵同士のつば迫り合いは、相手機のタイヤに細工をしたペッパーに軍配が。オルソンに一泡吹かせ上機嫌のペッパーはその夜、酒場で一杯やりながら、そこで知り合った女性に「大戦中、ドイツ空軍の撃墜王エルンスト・ケスラーと互角に渡り合った」と語る。とそこに元空軍大尉でもあるオルソンが現れ、ペッパーの自慢話が大嘘である事をバラしてしまう。ケスラーはペッパーの憧れだった。機会には恵まれなかったがペッパーも操縦の腕前には自信があったし、一度だけでもケスラーと立ち合ってみたかったという想いが常にあった。そんなある日、ペッパーの友達が、自ら設計した単葉機で逆さ宙返りに挑み失敗、その際の野次馬の軽率な行動がもとで死亡してしまう。野次馬に激怒したペッパーは飛行機に乗り込むとショーの会場を飛んで滅茶苦茶にし、人々を逃げ惑わさせる。後日ペッパーはこの行為により飛行資格を永久に剥奪されてしまう。空を愛して止まず、他に取り柄もなく、飛ぶことを諦め切れないペッパーは片っ端からプロモーターを訪ね歩くが、資格を持たぬペッパーに色よい返答など一つもなかった。アクロバット・ショーに身の置き所が無くなったペッパーは、素性がバレぬよう顔見知りの居ない映画業界で偽名を名乗って飛行スタントマンとして再スタートを切る。顔がバレぬよう細々と、しかし着実に仕事をこなしていくペッパー。ようやくスタントマンが板につきはじめたペッパーがいつものように撮影現場に行くと、そこには憧れだった本物のケスラーの姿が。
実在し、36歳の短い生涯を生きたウォルド・ペッパーの物語。

キャスト[編集]

※括弧内は日本語吹替

日本語吹替 - 初回放送1979年4月23日 TBS月曜ロードショー
放送時のタイトルは『ロバート・レッドフォード 大空の決闘・華麗なるヒコーキ野郎

脚注[編集]

外部リンク[編集]