荒立神社

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
荒立神社
Aratate.jpg
所在地 宮崎県西臼杵郡高千穂町大字三田井宮尾野
位置 北緯32度42分42.2秒
東経131度19分01.5秒
座標: 北緯32度42分42.2秒 東経131度19分01.5秒
主祭神 猿田彦命、天鈿女命
社格 旧村社
創建 不明
本殿の様式 切妻造
別名 荒立(建)宮
札所等 高千穂八十八社
例祭 7月29日・1月第2日曜日
テンプレートを表示

荒立神社(あらたてじんじゃ)は、宮崎県西臼杵郡高千穂町大字三田井に鎮座する神社である。

祭神[編集]

猿田彦命(さるたひこのみこと)と天鈿女命(あめのうずめのみこと) の2柱を主祭神とし、大年神、迫天満、当地一帯に住む興呂木(こおろぎ)家[要曖昧さ回避]の先祖を祀る。 猿田彦命は記紀天孫降臨の道案内をした神であると記され、道開きの神として知られ、また、天鈿女命は同じく記紀に天照大神天の岩戸に隠れた際に、楽しげに舞い踊った神として知られている。こうしたことから、交通安全、五穀豊穣、商売繁盛、厄除、夫婦和合、安産、長寿祈願、芸事の上達、厄除け、子宝、長寿などに利益があるとされている。

歴史[編集]

明治になって村社に列し、明治末(20世紀初頭)の神社合祀政策により高千穂神社に合祀され廃社とされるが、後に復社されて現在に至る。なお、当神社に伝わる神像4躯は宮崎県の有形文化財(美術工芸品)に指定されているが、高千穂神社に合祀された際に同神社へ移された為に、同神社の所蔵となっている(「高千穂神社」の文化財節参照)。

社殿[編集]

本殿は桁行2間梁行2間の切妻造平入。

外部リンク[編集]

  • 荒立神社(高千穂町観光協会「公式ホームページ」)

脚注[編集]