茨城Jリーグアワー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

茨城Jリーグアワー(いばらき- )は、NHK水戸放送局県域総合テレビで不定期に行うJリーグのテレビ中継番組である。

概要[編集]

茨城県ではJリーグ発足時から鹿島アントラーズが存在し、開幕年の前期優勝を飾ったことから、サッカーへの関心が高まった。

アントラーズ戦は関東広域圏の民放テレビやBS 1で盛んに中継されたが、2部制となってから参入した水戸ホーリーホックの試合についてはNHK水戸が県域地上デジタル(以下、地デジ)放送を始めるまで中継が皆無だったため、J SPORTSを始めとする衛星放送の視聴に頼らざるを得なかった(本番組開始時点ではスカパー!によるJ2全試合放送が開始していなかった)。このため、NHK水戸は県域地デジ開始に合わせ、この番組をスタートさせた。

この番組は、主にメジャー放送局で中継されないホーリーホック戦の模様を、ホーム・アウェーを問わず実況中継する。ホームゲームは自局で制作するが、アウェーゲームは対戦相手のホームタウン地域を管轄する放送局に制作を依頼。この場合はベンチサイドリポーターと一部スタッフを派遣する。[1]

最近ではアントラーズ主催ゲームの放送も年数回行われるケースもある。また水戸局では放送当日特別に局舎を開放し、大型モニターを使ったパブリックビューイングを実施している。

マルチ編成[編集]

この番組の特徴は、地上波のデジタル放送における特性を利用した「マルチ編成」にある。

NHK総合の場合は、画質を従来のアナログ並みに落とした上で、同時に2つの番組を放送することができる。そこで、その時その時のキックオフ時間と編成とを勘案し、メインチャンネルまたはサブチャンネルのいずれかでこの番組を放送している。

なお、サブチャンネルで放送された場合は、基本的にワンセグでの放送は行われない。

主な担当アナウンサー[編集]

2015年8月以降のホームゲームにおける体制。水戸局でスポーツ担当をするアナウンサーが少ないため、NHK放送センター(東京)を含む、近隣都県から応援のアナウンサーが出演することもある。

リポーターは水戸局の契約キャスターが担当するが、対戦カードにより対戦相手側の局のアナウンサーやキャスターが出演することがある。

  • 杉岡英樹 - (MHK水戸放送局アナウンサー。実況担当)- 2015年7月頃以降
  • 金田優香、齊藤済美(いずれもNHK水戸放送局契約キャスター。リポーター担当) - 2016年4月以降

過去の出演者[編集]

  • 河村太朗(当時・NHK水戸放送局アナウンサー。主に実況を担当) - 2015年6月頃まで
  • 杉尾美幸(元・NHK水戸放送局契約キャスター。リポーター担当) - 2016年3月まで

脚注[編集]

  1. ^ 水戸局に制作支援要員を派遣するNHKグローバルメディアサービスの社員が対応することが多い。同社にはNHK本体からもスポーツ実況のアナウンサーが出向している。

関連番組[編集]

外部リンク[編集]