茂木清夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
茂木清夫
生誕 1929年12月28日
山形県谷地町南町(現河北町谷地)
死没 (2021-06-06) 2021年6月6日(91歳没)
千葉県習志野市
国籍 日本の旗 日本
研究分野 地震学 地震テクトニクス英語版
研究機関 東京大学地震研究所(所長)
日本大学(教授)
出身校 東京大学理学部
主な業績
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示

茂木 清夫(もぎ きよお、1929年昭和4年)12月28日[1][2] - 2021年令和3年)6月6日)は、日本の地震学者火山学者東京大学名誉教授、元日本大学教授、元地震予知連絡会会長[3]。専門分野は、固体地球物理、地震学岩石力学地震の発生機構および地震予知に関心を持ち[3][4]、地震学および地震予知の権威である。地震学・火山学の研究における数々の業績を残した[1]山形県出身[3][4]

経歴[編集]

1929年(昭和4年)、山形県谷地町南町(現河北町谷地)に生まれる[1]旧制寒河江中学山形高等学校を経て、1953年(昭和28年)に東京大学理学部(地球物理学科)を卒業。同年に三菱鉱業に入社し、1954年(昭和29年)に東京大学助手となる[3]。東京大学地震研究所で地震や火山の研究を行い、理学博士になる[1]1969年(昭和44年)に東京大学教授となる[5]1980年(昭和55年)に伊豆沖で地震の震源の高周波音を捉えたため、世間から大きく注目を浴びる[3]。その後東京大学地震研究所の教授および所長を歴任[3]1990年平成2年)に退官し、日本大学生産工学部の教授となる。1991年(平成3年)に地震予知連絡会会長に就任し、2001年(平成13年)まで務めた[6]2000年(平成12年)には河北町名誉町民の称号が贈られている[1]

2021年(令和3年)6月6日誤嚥性肺炎により千葉県習志野市内の病院において死去した。91歳没[6][7]

年表[編集]

  • 1954年東京大学地震研究所助手
  • 1965年東京大学地震研究所助教授
  • 1969年東京大学地震研究所教授
  • 1990年東京大学名誉教授
  • 1990年日本大学生産工学部教授

茂木ドーナツ仮説[編集]

1969年、茂木は地震予測の仮説を提唱し、この仮説は「茂木ドーナツ仮説」として知られる。彼は、周辺で地震が頻繁に起きているにも関わらず、その場所だけ地震が長期間発生していない「地震空白域」では大きな地震が発生しやすいとした。

茂木モデル[編集]

マグマ溜りの構造図

火山活動に伴う地殻変動のデータから地下の力学状況(圧力源の位置・深度や膨張量)を推定する手法の一つで、地殻を弾性体、マグマだまりなどの圧力源を球状、圧力方向性を等方的、と仮定するモデルのことである[8]。1957年の論文「桜島の噴火と周辺の地殼変動との関係」にて提唱し[9]、別の手法であるダイクモデルとともに火山の活動評価・説明に広く使われている[8][10]

東海地震・浜岡原発[編集]

1969年(昭和44年)に茂木は、近い将来、駿河湾遠州灘付近でマグニチュード8クラスの東海地震が発生する可能性を示唆した。しかし皮肉にも、その翌年中部電力は静岡県に浜岡原発の設置を申請してしまう[11]。さらには、1970年5月の設置申請後わずか7ヶ月後に国からの設置許可が下りてしまい、2号機も1972年9月に申請、8ヶ月後には許可されるという速さで、地震対策を十分考慮されたと思えないほどのペースで原発の建設が進められてしまう[12]。茂木は「浜岡原発は即刻停止せよ」と主張し、浜岡原発を「立地そのものがおかしい」「愚挙」「世界一危険」などと呼んだ[11][13]。「地震大国で地盤が不安定であるにも関わらず、ここまで原発が密集している国は、世界中で日本だけだ。」とのこと。実際、浜岡原発は耐震性・安全性など、設計は十分ではないとの指摘もあり、問題視されている[11]。なお、石橋克彦が東海地震説を発表した1976年に、早くも浜岡原発の1号機は運転を始めており、地元住民が運転停止を求め提訴したこともある(浜岡原発訴訟)。

書籍[編集]

  • Earthquake prediction. 茂木清夫. (1985) 
  • Experimental Rock Mechanics. 茂木清夫. (2006) 
  • 日本の地震予知. 茂木清夫. (1982). ISBN 9784781902180 
  • 茂木清夫 (1998年12月). 地震予知を考える. 岩波書店. ISBN 9784004305958. https://books.google.co.uk/books/about/地震予知を考える.html?id=-46CZwEACAAJ&source=kp_book_description&redir_esc=y 
  • とらわれずに考えよう: 地震・火山・岩石破壊. 茂木清夫. (2009年). ISBN 9784772252270 
  • 茂木清夫 (2001年10月). 地震のはなし. 朝倉書店. ISBN 9784254101812. https://books.google.co.uk/books/about/地震のはなし.html?id=pEhEAAAACAAJ&source=kp_book_description&redir_esc=y 

論文・講演要旨・寄稿文[編集]

  • 茂木清夫「水の表面波による平面波の廻折の実験〔英文〕」『東京大学地震研究所彙報』第34巻第3号、東京大学地震研究所、1956年10月、 ISSN 00408972NAID 40018129379
  • 水上武, 茂木清夫, 平賀士郎, 宮崎務「桜島の爆発的噴火と同火山に発生する地震の研究 : 1」『火山.第2集』第2巻第2号、日本火山学会、1957年、 77-90頁、 doi:10.18940/kazanc.2.2_77NAID 110002992379
  • 水上武, 平賀士郎, 茂木清夫, 宮崎務「桜島火山の活動に伴う地震について : 続報 : 1957年春季大会講演要旨」『火山.第2集』第2巻第1号、日本火山学会、1957年、 51頁、 doi:10.18940/kazanc.2.1_51_2NAID 110002995241
  • 茂木清夫「桜島の噴火と周辺の地殻変動との関係」『火山.第2集』第1巻第1号、日本火山学会、1957年、 9-18頁、 doi:10.18940/kazanc.1.1_9NAID 110002995622
  • 茂木清夫「火山の噴火とその周辺の地殼変動との関係〔英文〕」『東京大学地震研究所彙報』第36巻第2号、東京大学地震研究所、1958年7月、 ISSN 00408972NAID 120000866316
  • 茂木清夫「大理石の変形及び破壊についての実験的研究〔英文〕-1-」『東京大学地震研究所彙報』第37巻第1号、東京大学地震研究所、1959年3月、 ISSN 00408972NAID 40018128928
  • 茂木清夫「岩石の破壊」『火山.第2集』第7巻第2号、日本火山学会、1962年、 89-101頁、 doi:10.18940/kazanc.7.2-3_89NAID 110002992224
  • 茂木清夫「余震の頻度曲線について〔英文〕」『東京大学地震研究所彙報』第40巻第1号、東京大学地震研究所、1962年8月、 ISSN 00408972NAID 40018129035
  • 茂木清夫「地震の起こり方 : 破壊論の立場から」『地球科学』第1964巻第73号、地学団体研究会、1964年、 28-34頁、 doi:10.15080/agcjchikyukagaku.1964.73_28ISSN 0366-6611NAID 110007157176
  • 茂木清夫「岩石の高温高圧下の変形実験の結果と地殻の力学的性質」『地學雜誌』第73巻第3号、東京地学協会、1964年、 170-171頁、 doi:10.5026/jgeography.73.170ISSN 0022-135XNAID 130000799574
  • 茂木清夫「岩石の破壊強度と圧力との関係,並びに脆性-延性遷移〔英文〕」『東京大学地震研究所彙報』第44巻第1号、東京大学地震研究所、1966年7月、 215-232頁、 ISSN 00408972NAID 120000871050
  • 茂木清夫「29. 火山帯と地震帯の関係についての一仮説(日本火山学会 1967 年秋季大会講演要旨)」『火山.第2集』第12巻第3号、日本火山学会、1967年、 152-153頁、 doi:10.18940/kazanc.12.3_152_4NAID 110002988588
  • 茂木清夫「岩石破壊における組合せ応力の影響」『材料』第17巻第181号、日本材料学会、1968年、 882-887頁、 doi:10.2472/jsms.17.882ISSN 0514-5163NAID 110002294416
  • 茂木清夫「岩石の破壊過程におけるElastic Shocksの震源分布-1-〔英文〕」『東京大学地震研究所彙報』第46巻第5号、東京大学地震研究所、1968年12月、 1103-1125頁、 ISSN 00408972NAID 120000871228
  • 茂木清夫「日本の大地震の月別頻度分布〔英文〕」『東京大学地震研究所彙報』第47巻第3号、東京大学地震研究所、1969年6月、 419-427頁、 ISSN 00408972NAID 120000871266
  • 茂木清夫「岩石の破壊および降伏条件:新方式の三軸試験法による研究」『材料』第20巻第209号、日本材料学会、1971年、 143-150頁、 doi:10.2472/jsms.20.143ISSN 0514-5163NAID 110002299976
  • 茂木清夫「高圧下の岩石の強度と破壊」『圧力技術』第10巻第3号、日本高圧力技術協会、1972年、 2736-2743頁、 doi:10.11181/hpi1972.10.2736ISSN 0387-0154NAID 130004259013
  • 茂木清夫「浅い大地震と深発地震」『地震 第2輯』第25巻第3号、日本地震学会、1972年、 263-264頁、 doi:10.4294/zisin1948.25.3_263ISSN 0037-1114NAID 130006785722
  • 茂木清夫「岩石破壊と地震予知」『材料』第23巻第248号、日本材料学会、1974年、 320-331頁、 doi:10.2472/jsms.23.320ISSN 0514-5163NAID 110002295336
  • 茂木清夫「日本の地震学百年の歩み」『地震』第34巻、日本地震学会、1981年9月、 1-207,巻頭p1-2、 ISSN 00371114NAID 40001526099
  • 今泉俊文「茂木清夫 : 日本の地震予知」『地學雜誌』第92巻第2号、東京地学協会、1983年、 133-134頁、 doi:10.5026/jgeography.92.133ISSN 0022-135XNAID 130000801236
  • 茂木清夫「最近の群発地震研究について」『地學雜誌』第92巻第7号、東京地学協会、1984年、 547-554頁、 doi:10.5026/jgeography.92.7_547ISSN 0022-135XNAID 130000801296
  • 茂木清夫「1983年日本海中部地震の震央域の構造的特異性」『地震 第2輯』第38巻第2号、日本地震学会、1985年、 262-265頁、 doi:10.4294/zisin1948.38.2_262ISSN 0037-1114NAID 130006786535
  • 茂木清夫「「東海地震」の長期的前兆現象をさぐる (防災--地震予知技術<特別企画>)」『プロメテウス』第10巻第5号、創造、1986年9月、 56-59頁、 ISSN 03862828NAID 40004177959
  • 茂木清夫「地震の前兆現象発生のメカニズム」『地震 第2輯』第45巻第1号、日本地震学会、1992年、 61-69頁、 doi:10.4294/zisin1948.45.1_61ISSN 0037-1114NAID 130006788310
  • 茂木清夫「日本の地震の予知問題」『照明学会雑誌』第81巻、照明学会、1997年、 40-40頁、 doi:10.2150/jieij1980.81.Appendix_40ISSN 0019-2341NAID 130006764344
  • 茂木清夫「2003年十勝沖地震および1952年十勝沖地震に先行した深発地震活動 (続報)」『地震 第2輯』第57巻第3号、日本地震学会、2005年、 275-278頁、 doi:10.4294/zisin1948.57.3_275ISSN 0037-1114NAID 130006787451
  • 茂木清夫「2007年中越沖地震の予測について」『地震ジャーナル』第49号、地震予知総合研究振興会、2010年6月、 9-19頁、 ISSN 09125779NAID 40017194187

出典[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e 茂木 清夫”. 雛とべに花の里かほく 山形県西村山郡河北町. 河北町. 2021年4月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年8月15日閲覧。
  2. ^ 「地震予知連絡会」の写真・映像”. KYODO NEWS IMAGELINK (2006年6月20日). 2021年6月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年6月11日閲覧。
  3. ^ a b c d e f 茂木清夫 | 人名事典 | お楽しみ | PHP研究所”. www.php.co.jp. 2020年8月15日閲覧。
  4. ^ a b 前予知連会長・茂木氏の主張”. www.stop-hamaoka.com. 2020年8月15日閲覧。
  5. ^ https://books.rakuten.co.jp/rb/1382403/
  6. ^ a b 茂木清夫氏死去(東京大名誉教授・地球物理学)」『時事ドットコム』(時事通信社)、2021年6月10日。2021年6月11日閲覧。オリジナルの2021-6-10時点におけるアーカイブ。
  7. ^ 茂木清夫氏が死去 元地震予知連会長” (日本語). 日本経済新聞 (2021年6月10日). 2021年6月10日閲覧。
  8. ^ a b 気象研究所 地震火山研究部「マグマ活動の定量的把握技術の開発とそれに基づく火山活動度判定の高度化に関する研究 (PDF) 」 『気象研究所技術報告』第69号、気象庁 気象研究所、2013年3月、 125頁、 doi:10.11483/mritechrepo.69ISSN 0386-40492021年3月26日閲覧。
  9. ^ 茂木清夫「桜島の噴火と周辺の地殻変動との関係 (PDF) 」 『火山.第2集』第1巻第1号、日本火山学会、1957年1月15日、 9-18頁、 doi:10.18940/kazanc.1.1_9ISSN 2433-05902021年3月26日閲覧。
  10. ^ Lisowski, Michael (2007). Dzurisin, Daniel. ed (英語). Volcano Deformation: Geodetic Monitoring Techniques. Berlin, Heidelberg: Springer. pp. 279–304. doi:10.1007/978-3-540-49302-0_8. ISBN 978-3-540-49302-0. https://doi.org/10.1007/978-3-540-49302-0_8 
  11. ^ a b c サンデー毎日「元地震予知連会長が怒りの告発」04年2/29日号”. www.stop-hamaoka.com. 2020年10月13日閲覧。
  12. ^ 主張/浜岡原発の耐震性/東海地震起きてからでは遅い”. www.jcp.or.jp. 2020年10月13日閲覧。
  13. ^ 主張/「浜岡」7・23大集会/永久停止・廃炉へ力合わせて”. www.jcp.or.jp. 2020年10月13日閲覧。

外部リンク[編集]