苻宏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

苻 宏(ふ こう、? - 405年)は、五胡十六国時代前秦皇族。第3代皇帝の苻堅の少子(年少の子)である。兄に苻丕(哀平帝)・苻暉(平原公)ら、弟に苻熙(広平公)・苻叡(鉅鹿公、雍州刺史)・苻琳(河間公)・苻詵(中山公)がいる。苻堅の多くの子の中でも特に愛されて皇太子に定められ、末弟の苻詵と共に父に溺愛されたという。

生涯[編集]

淝水の戦いで父帝が東晋に大敗北を喫した際、鮮卑族の慕容垂に支えられ長安に辛うじて帰還した。それも束の間に、今度は慕容沖(慕容垂の従孫)と後秦族の姚萇が相次いで謀反を起こしたために、385年に東晋に救援を依頼した父は5月に長安を脱出した。6月、長安を支えきれず苻宏は東晋に降った。秋7月、父・苻堅一家は五将山で姚萇に捕らえられた。父・苻堅は、姚萇によって強引に禅譲を迫られたが、断固として拒絶したために新平県の仏寺で末弟の苻詵と共に処刑された。

その後、苻宏は桓玄の配下に入った。404年夏、その桓玄が楚王と称して天下に号令をかけるも、劉裕によって殺害された。苻宏も劉裕の武将である檀祗の討伐を受けて、籠城したものの翌年になって居城は陥落し、苻宏は檀祗の軍勢に殺害されたようである。