若林盛亮

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

若林 盛亮(わかばやし もりあき、1947年2月26日 - )はよど号グループのメンバー。

経歴[編集]

滋賀県草津市生まれ。滋賀県立膳所高等学校を経て同志社大学経済学部に入学。在学中、1970年よど号ハイジャック事件を起こし、北朝鮮亡命

1976年結婚し、妻である若林佐喜子平壌に在住している。

現在も警察庁により指名手配されていると同時に国際刑事警察機構より国際指名手配されている。

その他[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 北朝鮮による拉致容疑事案について - 国際手配被疑者一覧(警察庁)
  2. ^ 北朝鮮による拉致容疑事案:警視庁
  3. ^ よど号妻2人の逮捕状請求 結婚目的誘拐容疑で警視庁 47NEWS 2007年6月13日
  4. ^ よど号妻2人を国際手配 松木さん、石岡さん拉致 47NEWS 2007年7月9日
  5. ^ あっ!よど号若林容疑者…客席で日本応援 日刊スポーツ 2011年11月15日
  6. ^ 外国人用席によど号事件の若林盛亮容疑者「やはり日本を応援してしまうな」 スポニチアネックス 2011年11月16日
  7. ^ 【よど号事件50年】「闘いは間違っていた」「拉致は無関係」北在住メンバー”. 産経新聞 (2020年3月30日). 2020年4月1日閲覧。

外部リンク[編集]