若國一男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

若國 一男(わかくに かずお、1927年2月23日 - 1989年1月7日[1])は、伊勢ヶ濱部屋荒磯部屋に所属した元力士。本名は佐藤 一男。169cm、83kg。

経歴[編集]

1927年(昭和2年)現在の東京都昭島市にて出生。 戦時中でもあった1942年(昭和17年)1月初土俵、1950年(昭和25年)9月若國の四股名で十両昇進、4場所務めたのち幕下に陥落。1954年1月國若の四股名で再十両し、4場所務める。 最高位は西十両11枚目。 1956年(昭和31年)1月にて廃業。昭和最後の日となる1989年(昭和64年)1月7日に62歳にて逝去する。

成績[編集]

  • 十両8場所54勝66敗
  • 通算39場所186勝204敗

改名[編集]

佐藤→若國→國若→司山→國若 [2]

出典[編集]

  1. ^ http://www.fsinet.or.jp/~sumo/profile/1/j/19500901.htm
  2. ^ 大相撲力士名鑑平成13年版、水野尚文、京須利敏、共同通信社、2000年、ISBN 978-4764104709