船橋健康センターゆとろぎの湯

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
船橋健康センターゆとろぎの湯
店舗概要
所在地 273-0865
千葉県船橋市夏見3-28-1
開業日 1991年
閉業日 2016年3月31日
施設管理者 株式会社M・Eホールディングス
営業時間 10時 - 翌8時30分
前身 船橋健康センター
後身 マミーマート新夏見店[1]
最寄駅 東武野田線新船橋駅
外部リンク http://www.kenko-center.com/
テンプレートを表示

船橋健康センターゆとろぎの湯(ふなばしけんこうセンターゆとろぎのゆ)は、かつて千葉県船橋市夏見に存在した健康センターである。

概要[編集]

当施設は1991年3月に「船橋健康センター」として開業、2002年7月にリニューアルオープンし現在の名称となった[2]。かつては千葉県を中心に4店舗(当施設含む)の健康センターを手がける株式会社創健により運営されていたが、同社が2005年民事再生法の適用を申請したことにより当時のアセット・ロジスティックス株式会社(現・いちごマルシェ株式会社)に譲渡され[3][4]、更に現在では株式会社M・Eホールディングス(エムイー)が運営を行なっている。

施設内には草津温泉薬湯といった多種の風呂からなる大浴場露天風呂、飲食エリア、改装後に建設されたチムジルバン岩盤浴や休憩室を備える)などがある[5]。チムジルバンでは岩盤浴施設を利用したホットヨガのサービスも行なっている。

施設の老朽化等の理由により2016年3月31日をもって閉館した。跡地にはマミーマート新夏見店が立地している[1]

施設[編集]

施設の詳細については公式サイトを参照。

大浴場[編集]

  • 漢方薬湯
  • 薬石麦飯石風呂
  • 美容風呂
  • 生効石イオンサウナ
  • ハーブスチームサウナ
  • 水風呂
  • 寝湯
  • かけ湯
  • 水風呂

露天風呂[編集]

  • 草津温泉露天風呂
  • 檜露天温泉「美肌の湯」

岩盤浴(チムジルバン)[編集]

※入館料の他に別料金。営業時間は10:00〜24:00(金・土・祝前日は深夜1:00まで)、利用時間の制限はなし。

  • 熱の癒 - ラジウム鉱石や麦飯石を敷き詰めた若干高温のサウナ。
  • 石の癒 - 薬宝玉石や木紋石、トルマリン麦飯石を使用。
  • 木の癒 - 薬宝玉石(黄/緑)が敷かれ、天然ハーブの香りによる癒しを演出。
  • 氷の癒 - クールダウン(冷却)ルームとなっている。

付随施設[編集]

  • お食事処「船橋食楽市場」
  • ゲームコーナー
  • 休憩室、男女別仮眠室
  • カットサロン「髪剪處」
  • まつげカール & ネイルケア「ヴィーナス」
  • 男性専用日焼けマシーン
  • 売店

施設利用料金[編集]

以下は特記がなければタオル・館内着セットの料金(入館時に付いてくる)となっている。また、各種クレジットカードが利用可能である。詳細は公式サイトを参照。

  • 大人:1400円
  • 中学・高校生:800円
  • 子供:500円(3歳以上、小学生以下)
  • 深夜割増追加料金(午前2時以降):1000円
  • 朝風呂(午前5時〜午前8時):750円 ※タオルセットのみ(館内着なし)
会員割引料金(年会費1050円 ※入会金は無料)
  • 大人:1000円(同伴5人まで1200円)
※中学・高校生および子供料金、深夜料金、朝風呂料金は上記の一般料金と同じである。
岩盤浴(チムジルバン)

上記の入館料の他に以下の追加料金で利用できる。

  • 一般:700円
  • 会員:600円
※営業時間は10:00〜24:00(金・土・祝前日は深夜1:00まで)、利用時間の制限はなし。

交通アクセス[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 新夏見店”. 店舗情報. マミーマート. 2018年3月23日閲覧。
  2. ^ 船橋のショップ:船橋健康センターゆとろぎの湯(東京ベイ船橋ビビット)
  3. ^ 倒産速報:(株)創健(東京商工リサーチ 2005年4月18日公開)
  4. ^ アセット・マネジャーズ株式会社プレスリリース(2005年12月1日) (PDF)
  5. ^ 公式サイトより

関連項目[編集]

外部リンク[編集]