麦飯石

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

麦飯石(ばくはんせき)とは、『本草綱目』金石之四[1]李時珍 漢方薬書、代、1590年)によると「大略狀如握聚一團麥飯 有粒點如豆如米 其色黃白[2]」と記されており、麦飯をあつめたようで粒或いは粒大の粒状結晶があり、色は黄白色となる。現在では花崗斑岩あるいは石英斑岩の1種で、熱水作用、風化作用などを受け、多孔質で吸着作用があり、ミネラル溶出量の多い、淡黄色のものを言う。その使用には天然岩石であり産出地域により組成が異なるため、重金属分析による安全性の確認や滅菌処理が必要とされている。

石英斑岩の一種である。暗黒色の石基の中に白い石英斑晶が浮かぶ姿が、麦飯に見えることから名付けられた。古くから皮膚病を治す漢方薬として用いられてきたが、戦後、国内でも産出され、健康器具や健康グッズの材料として利用されるようになり、マルチ商法にも利用された。

用途[編集]

多孔質を利用して、粒状のもの(食品添加物)は濾過材としてミネラルウォーターの製造機器・装置に使用される。また、多量のミネラルを溶出するため、浴用としての利用が盛んに行われ、粒状のものは浴槽やタンクに入れ使用されている。その他に、農業分野では水質改善・土壌改良、観賞魚分野では水質改善を目的として使用される。


効果[編集]

鑑賞魚用に「水がきれいになる」「臭いがなくなる」といった効果を謳う商品があるが、無限に吸着するわけではなく、細孔が詰まるまでの間しか効果が持続しない。これは炭やゼオライトなどの全ての吸着剤に共通である。つまり水槽の底に敷き詰め放置するのでは意味がない。フィルターの吸着剤として「多くの水をくぐらせ、定期的に換装する」ならば他の吸着剤と同様に効果を発揮する。濾材として利用した場合は、その多孔質から生物濾過効果が期待できるが、他の濾材に比較し特に優れているという研究結果は無い。

成分[編集]

麦飯石の化学分析値(重量%)X線回折法による[3]

関連項目[編集]

  • 波和二 - 1975年頃より麦飯石を「水道水を天然水に変える魔法の石」と称して全国の薬局を通じてマルチ商法を展開、1978年に破綻した[4]

[編集]

  1. ^ Wikisource reference 李時珍. 本草綱目/金石之四. - ウィキソース. 
  2. ^ Wikisource reference 李時珍. 本草綱目/金石之四#.E9.BA.A5.E9.A3.AF.E7.9F.B3. - ウィキソース. 
  3. ^ 地球環境・麦飯石研究所 工学博士増田重雄HP
  4. ^ マルチ商法で失速した“魔法の石” - 東京スポーツ

外部リンク[編集]