舘内端

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

舘内 端(たてうち ただし、1947年 - )は、自動車評論家、レーシングエンジニアである。群馬県出身。日本大学理工学部卒業。日本EVクラブ代表。日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員。

初期の著作は、レース活動にまつわる内容のものだが、1990年代ごろからは、自動車にまつわる環境問題を技術的側面から捉えたものが多い。

レース活動[編集]

東京大学宇宙航空研究所勤務の後、ベルコ・レーシング入社。1977年からはフリーランスとして活動し、同年のF1日本グランプリでは高橋国光のチーフ・エンジニアを務める。

1994年ZEF(ゼロ・エミッション・フォーミュラ)を自費製作し、アメリカ電気自動車レースに参戦、3位入賞を果たす。

低公害車の普及活動[編集]

1994年10月、電気自動車レース参戦を機に、日本EVクラブを設立する。「散々クルマで遊んできたことへの懺悔だ」との思いから、電気自動車などの環境負荷の小さい自動車の普及や、省エネ運転の啓蒙活動などを行っている。1998年には、それらの活動に対して環境大臣表彰を受けている。

著書[編集]

  • 高性能シャシーの研究(1982年山海堂)
  • ふしぎ!クルマの超能力―「走る」「曲がる」「止まる」の謎をとく69のカギ(1985年講談社)
  • 高性能エンジントレンド(1986年グランプリ出版)
  • クルマ新時代(1986年、グランプリ出版)
  • ベンツとトヨタ(1987年はまの出版)
  • 2001年クルマ社会は崩壊する(1987年、三推社)
  • 自動車進化論―最新テクノロジー(1987年、グランプリ出版)
  • クルマの速さが見えてきた―「ドライビング・ハイ」を生むメカニズム(1989年光文社)
  • クルマ考現学(1992年双葉社)
  • クルマ運転秘術―ドライビングと身体・感覚・宇宙(1992年、勁草書房)
  • マンセルが好きだ!(1992年、双葉社)
  • 超絶 スキー&ドライブ論―モータージャーナリスト、雪に還る(1993年スキージャーナル)
  • 中年スキーのすすめ―男40代、奮闘のシュプール(1994年、スキージャーナル)
  • さらば、F1グランプリの時代よ!(1994年、山海堂)
  • 800馬力のエコロジー―From the Project “EV Le Mans 24 Hours”(1995年ソニーマガジン)
  • すべての自動車人へ―自動車の存亡と環境・エネルギー危機をめぐって(1999年、双葉社)
  • ガソリン車が消える日(2000年宝島社)
  • 胸をはってクルマに乗れますか?―美しい自動車社会を求めて(2003年二玄社)
二玄社発行の自動車雑誌NAVI誌上での連載をまとめたもの。
  • ついにやってきた!電気自動車時代―EVが変える!暮らし・経済・社会(2010年学研新書)

連載[編集]

外部リンク[編集]