自由への讃歌

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
自由への讃歌
ラスカルズシングル
初出アルバム『自由組曲』
B面 私の世界
リリース
規格 7インチ・シングル
録音 1968年5月14日
ジャンル ブルー・アイド・ソウル
時間
レーベル アトランティック・レコード
作詞・作曲 フェリックス・キャヴァリエエディ・ブリガッティ
プロデュース ラスカルズアリフ・マーディン
ゴールドディスク
ゴールドディスク
チャート最高順位
ラスカルズ シングル 年表
A Beautiful Morning
(1968年4月)
自由への讃歌
(1968年7月)
希望の光
(1968年11月)
テンプレートを表示

自由への讃歌」(原題: People Got To Be Free)は、ラスカルズ(The Rascals)が1968年リリースしたシングル

解説[編集]

作詞および作曲は、フェリックス・キャヴァリエ(フレックス・カヴァリアとも表記。Felix Cavaliere)とエディ・ブリガッティ

1968年4月のマーティン・ルーサー・キング・ジュニア牧師の暗殺に触発された書かれたポリティカル・ソングである。同年5月14日にレコーディングされ、7月にシングルとして発売された。アトランティック・レコードジェリー・ウェクスラーは、当初政治的な歌の発売には消極的だった。

ビルボード(Billboard)誌では、1968年8月17日に、週間ランキング第1位を獲得し、5週連続で第1位を獲得した。ビルボード誌1968年年間ランキングでは第7位。ビルボード誌の集計では、ヤング・ラスカルズ(The Young Rascals)時代を含めて、ラスカルズ最大のヒット曲となった。

参考文献[編集]

先代:
ドアーズ
ハロー・アイ・ラヴ・ユー
Billboard Hot 100 ナンバーワンシングル
1968年8月17日 - 9月14日(5週)
次代:
ジーニー・C・ライリー
「ハーパー・バレー・PTA」