希望の光 (ラスカルズの曲)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
希望の光
ラスカルズシングル
初出アルバム『自由組曲』
B面 エニー・ダンス
リリース
規格 7インチ・シングル
録音 1968年
ジャンル ブルー・アイド・ソウル
時間
レーベル アトランティック・レコード
作詞・作曲 フェリックス・キャヴァリエ、エディ・ブリガッティ
プロデュース フェリックス・キャヴァリエ、アリフ・マーディン
チャート最高順位
ラスカルズ シングル 年表
自由への讃歌
(1968年7月)
希望の光
(1968年11月)
ヘヴン
(1969年1月)
テンプレートを表示

希望の光[2](原題: A Ray of Hope)は、ラスカルズが1968年に発表した楽曲。

概要[編集]

1968年4月4日マーティン・ルーサー・キング・ジュニアが遊説中に撃たれて死亡したことを受け、グループは同年5月に「自由への讃歌(People Got to Be Free)」をレコーディングした。それから「自由への讃歌」がシングルとして発売される7月までの間に、ロバート・ケネディが6月5日にロサンゼルスアンバサダーホテルで撃たれるという事件が発生した(ケネディは翌日死亡)。8月26日から29日にかけてシカゴで開かれた民主党大会では反戦運動家と警官隊が衝突し流血の惨事となった。フェリックス・キャヴァリエはこう述べている。「こうした出来事のあとで僕らはともかくも何かを言わなければならなかった」[3][4]

「希望の光」はキャヴァリエとエディ・ブリガッティによって書かれた。プロデューサーはキャヴァリエ、アリフ・マーディンが務めた。レコーディング・エンジニアはエイドリアン・バーバー。ホーン・セクションの編曲はチャールズ・モロー[5]。リード・ボーカルはキャバリエ。曲のエンディングでメンバーが歌っているのは「リパブリック讃歌」である。

同年11月14日にシングルとして発表[1]。B面はキャバリエとブリガッティが歌う「エニー・ダンス(Any Dance'll Do)」[2]。1969年3月発売のアルバム『自由組曲(Freedom Suite)』に収録された。

1969年1月11日付のビルボード・Hot 100で24位を記録した[6]キャッシュボックスは14位、カナダでは10位を記録した。

脚注[編集]