結石

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
8 mmの腎結石
ヒトの胃石。全ての一人の患者から取られた。グリッドスケールは1 mm。

結石(けっせき、: calculus)は、体内の器官または管の中で形成される物質(大抵は無機塩)の凝固物英語版でである。結石の形成は結石症(lithiasis)と呼ばれる。結石は数多くの疾患を引き起こし得る。

結石症の種類[編集]

結石は大抵は無症候性であり、大きな結石は成長するのに多くの年月を要している。

病因[編集]

  • 無機塩の基礎的過剰さ。例えば、カルシウム濃度の上昇(高カルシウム血症)は腎結石を引き起こし、食品因子は胃石を引き起こす。
  • 結石の形成を促進する問題になっている部位の局所的状態。例えば、局所的なバクテリアの作用(腎結石)または唾液の遅い流れ(顎下唾液腺で生じる唾液管結石の大半はこれで説明できる)。
  • 腸結石は動物(大半は反芻動物)やヒトの腸で見られる結石であり、無機成分または有機成分から成る。
  • ベゾアール英語版は胃と腸の両方またはいずれか一方中の不消化物質の塊である。最も一般的には、これらは毛から成る(この場合は毛玉とも呼ばれる)。ベゾアールは腸結石の病巣を形成し得る。

腎結石では、シュウ酸カルシウムが最も一般的な無機成分である。尿酸がその次に一般的であるが、in vitroの研究では、尿酸結石および結晶がシュウ酸カルシウム結石の形成を促進できることが示されている[1]

病態生理および症状[編集]

結石はいくつかの機構によって病気を引き起こす。

  • 近くの組織の刺激は痛み、腫れ、炎症を引き起こす。
  • 開口部や管の閉塞は、正常な液体の流れを妨げ、問題となっている器官の機能を混乱させる。
  • 感染症の素因(正常な流れの乱れによる)

数多くの重要な疾患が結石によって引き起こされる。

診断[編集]

鑑別診断は結石の種類によって異なるが、一般的に

  • 病歴および検診
  • 画像診断
  • 結石形成に寄与する因子がしばしば検査される。
    • 臨床検査によって血液または尿中の関連物質の量が分かる。
    • 一部の結石は直接回収され、成分の分析のために検査に送られる。

治療[編集]

素因を修正することで結石形成を遅らせたり、逆転させたりできる。治療は結石の種類によって異なるが、一般的に

歴史[編集]

結石を治すための最古の手術は『スシュルタ・サンヒター英語版』(スシュルタ本集、紀元前6世紀)に見られる[2]

脚注[編集]

  1. ^ Grases F.; Sanchis P.; Isern B.; Perelló J.; Costa-Bauzá A. (2007). “Uric Acid as Inducer of Calcium Oxalate Crystal Development”. Scandinavian Journal of Urology and Nephrology 41 (1): 26–31. doi:10.1080/00365590600831571. PMID 17366099. 
  2. ^ Lock, Stephen etc. (2001). The Oxford Illustrated Companion to Medicine. USA: Oxford University Press. 836. ISBN 0-19-262950-6.

関連項目[編集]

外部リンク[編集]